2017年9月6日

サッカー日本代表|サウジアラビア戦敗戦…W杯本戦前のテストマッチで見えたものとは?

サウジアラビア皇太子による6万人の観客席を買い占めで「超アウェー」となったサウジアラビア戦サッカー日本代表は、惜しくも1-0で敗れる結果となってしまいました。

9月6日、日本時間・2時30分にサウジアラビアのジッダにて行われたワールドカップ アジア予選Bグループ最終節・サウジアラビア対日本戦

ワールドカップ本戦出場を決定して望んだ最終戦にて、サウジアラビアに1-0で敗れてしまったサッカー日本代表でしたが、この敗戦がどういった意味を成すのでしょうか?

サウジアラビア対日本戦試合結果内容、そして、ワールドカップ本戦に向けたポイントとして、ハリルホジッチ監督の采配の意図を読み解いていきます。

最新記事

サッカー日本代表|サウジアラビア戦 試合結果

サウジアラビア 日本
1 0
試合時間 得点
後半18分 ファハド・アル=ムワッラド
試合時間 イエローカード
前半20分 吉田麻耶
後半19分 ファハド・アル=ムワッラド
試合時間 選手交代
後半0分 IN:浅野拓磨(FW)←OUT:本田圭介(FW)
後半0分 IN:ファハド・アル=ムワッラド(FW)←OUT:サハラウィ(FW)
後半22分 IN:杉本健勇(FW)←OUT:岡崎慎司(FW)
後半31分 IN:M・ハウサウィ(DF)←OUT:O・ハウサウィ(DF)
後半35分 IN:久保裕也(FW)←OUT:柴崎岳(MF)
後半40分 IN:ドサリ(DF)←OUT:ハルビ(DF)

サウジアラビア戦|振り返り

サウジアラビア戦を「貴重な成長の機会」として位置づけて、前回オーストラリア戦から、4人のスタメンを入れ替えたサッカー日本代表

細やかなパスで日本代表に迫るサウジアラビアに対して、守備的な時間帯が多かったと言われる前半戦、原口元気らのドリブルからいくつかの好機も生まれるものの、スコアレスでハーフタイムに突入します。

後半開始直後に投入されたサウジアラビア22歳の新鋭、ファハド・アル=ムワッラドが、軽快な突破力でチャンスを作りはじめると、前半戦の膠着状態が一点、ファハド・アル=ムワッラドのゴールによって先制点を許してしまいます。

サウジアラビア皇太子がスタジアム6万席を買い占めて無料開放するという前代未聞の「超アウェー戦」となったサウジアラビア戦、大観衆の怒号と歓声を背景に、1点ビハインドのまま試合終了となってしまいました。

前後半で攻撃のかたちを大胆に変更したことで、ズバリ、殊勲のゴールと、ワールドカップへの切符を奪い取ったサウジアラビア代表

アジア予選での得点数に優れたサウジアラビア代表、そして、6万人の声援の後押しのあるアウェー戦とはいえ、無失点での敗戦という結果に終わってしまったサッカー日本代表

前回31日のオーストラリア戦とは対照的に、ワールドカップ本戦に向けて「反省点の多い試合」といった見方が拡がっています。

サッカー日本代表|サウジアラビア戦 スタメン

ポジション 選手名 所属クラブ
GK 中村航輔 柏レイソル(日本)
DF 昌子源 鹿島アントラーズ(日本)
DF 吉田麻也 サウサンプトン(イングランド)
DF 酒井宏樹 マルセイユ(フランス)
DF 長友佑都 インテル(イタリア)
MF 山口蛍 セレッソ大阪(日本)
MF 井手口陽介 ガンバ大阪(日本)
MF 柴崎岳 ヘタフェ(スペイン)
FW 本田圭介 ACミラン(イタリア)
FW 岡崎慎司 レスター(イングランド)
FW 原口元気 ヘルタ(ドイツ)

ワールドカップ・アジア予選 最終節となる今回のサウジアラビア戦

ワールドカップ出場が決定した後のこの一戦を、貴重なテストマッチの機会と位置づけてか「サウジアラビア戦は、W杯に向けて我々が成長するための良いテストになる。」と語っていたハリルホジッチ監督でしたが、そのスタメンを眺めて見ると、現在のサッカー日本代表の人材の充実ぶりを現したかのような申し分の無い布陣でした。

中盤MFに、ハリルホジッチ監督の信頼厚い山口蛍、31日オーストラリア戦で攻守に渡って活躍した井手口陽介、そして、1年10ヶ月ぶりの代表招集のなか今回のスタメンが渇望されていた柴崎岳を据え、フォワード攻撃陣には、本田圭介・岡崎慎司・原口元気といった「一線級」のトッププレーヤーを配置。

ディフェンスラインは前回オーストラリア戦と同様の、昌子源、吉田麻也、酒井宏樹、長友佑都の4名を据えて、ゴールキーパーに次期・日本代表の守護神として「2015シーズンのシュートセーブ率87.3%」という記録を持つ22歳の若手・中村航輔。

本戦出場が決定しているものの、予選2位のサウジアラビア代表に対して、完全に「抜く」といった采配とも言えないこの布陣。

ハリルホジッチ監督は、テストマッチと位置づけたサウジアラビア戦で、どのような意図でこのスタメンを選択したのでしょうか?

 人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。