2017年9月1日

サッカー日本代表|速報と試合結果…W杯出場決定!浅野・井手口がオーストラリア戦で見せた「若手の気迫」

運命の8月31日、ワールドカップアジア予選・オーストラリア戦を2-0で制し、サッカー日本代表ワールドカップ出場が決定しました。

今回のワールドカップで、6大会連続のワールカップ出場が決定したサッカー日本代表

キックオフ前の登録メンバーにおいて、22歳・25歳の「若手」である植田直通(DF)、三浦弦太(DF)、小林祐希(MF)、武藤嘉紀(FW)らがメンバー落ちしていた31日・オーストラリア戦。

試合のフタをあけて見れば、「21歳」という若さの浅野拓磨(FW)、井手口陽介(MF)ら「若手」の大活躍により、見事ワールドカップへの扉が開かれました。

サッカー日本代表オーストラリア戦試合結果速報、そして、ワールドカップ出場決定までの道のりを振り返ります。

最新記事

試合結果と速報|日本vsオーストラリア戦

日本 vs オーストラリア
2 0
時間帯 得点 アシスト
前半41分 浅野 琢磨 長友 佑都
後半37分 井手口 陽介  
時間帯 内容
前半23分 インターセプトから浅野拓磨がミドルシュート
前半35分 大迫→長友から、クロスにあわせて浅野拓磨がヘディングシュート
前半38分 マシュー・レッキーのシュート。吉田麻耶の足に当たり辛くもピッチ外へ
前半41分 長友のクロスに反応して抜け出した浅野拓磨が先制ゴール
後半10分 右サイドを抜けた浅野拓磨から乾へ折り返すもブロック
後半25分 オーストラリア代表が、日本戦9試合5得点の「日本キラー」FWケーヒルを投入
後半29分 日本代表、FW乾に代えて原口元気を投入
後半32分 原口のグラウンダーに井手口がシュート
後半37分 原口からボールを受けた井手口がゴール前に持ち込み2点目
試合終了 攻撃的布陣で臨んだオーストラリアを抑え、2-0でサッカー日本代表がワールドカップ出場決定

前半41分|浅野拓磨の先制ゴール…22歳「ジャガー」脅威の瞬発力

「あれを狙っていた。僕たちが底上げしていかなければいけない。」

(浅野拓磨・試合後のインタビューより)

試合後のインタビューでそう語ったのは、21歳という若さながら、抜群の瞬発力で大舞台を決定づける先制ゴールを決めた浅野拓磨選手。

若くしてサンフレッチェ広島とプロ契約を結んだ浅野拓磨選手は、国内Jリーグで2015年にベストヤングプレイヤー賞を受賞、2016年には、ドイツ・ブンデスリーガ所属のシュトゥットガルトへ移籍して活躍しています。

30mを3.67秒という驚異的なスピードで走り抜ける「瞬発力」が最大の武器とも言われ、「浅野拓磨はジャガーのようである」というプレー評価から、31日オーストラリア戦でも見ることのできた「ジャガーポーズ」をトレードマークとしています。

この「30m3.67秒」という驚異的なスタートダッシュは、サッカー界最速と言われているピエール=エメリク・オーバメヤンの「30m走3.70秒」や、陸上100m走の世界記録保持者のウサイン・ボルトの「30m走3.78秒」を上回るデータであり、「いつの間にか、そこに浅野拓磨がいる。」という感覚にも近いものです。

31日オーストラリア戦、サイドからの長友のパスに反応した浅野拓磨は、まさに「いつの間にかそこにいた」という状態でノーマークからシュートを放ちます。

オーストラリア代表守備陣からすれば、「目の前から消えた」にも等しい浅野拓磨の「瞬発力」は、2018ワールドカップ本戦における大きな武器となるかもしれません。

後半37分|井手口の2ゴール目…21歳「若手」の爆発…

「こういう大舞台で監督に使ってもらえた。自分が結果を残すという想いで試合に臨んでいました。」

(井手口陽介・試合後のインタビューより)

大勢の見方を覆し、1年10ヶ月ぶりの招集となった柴崎岳を抑えてスタメン出場したミッドフィルダー・井手口陽介

サッカー日本代表のなかでも最年少となる21歳の若きタレントは、寡黙な職人肌を思わせるような口調でそう語りました。

前半に左サイドからクロスを挙げてこの試合序盤の決定的なシュートとなる場面を演出した井手口は、後半32分にもFW乾に代わって交代した原口からのクロスを受けてオーストラリアゴールを脅かします。

続く後半37分先と同じく原口からのパスを受けた井手口は、鋭いドリブルでゴール前へ自ら持ち込んでのミドルシュート

サッカー日本代表 ワールドカップ出場を決定づける2点目のゴールを決めました。

31日オーストラリア戦での試合全体を通して、攻守両面において、大舞台の重要な場面での活躍を見せており、その落ち着いた佇まいからも国際舞台での勝負強さやメンタリティの強さを見ることができます。

試合後インタビューでは、鋭い目つきの向こうにも21歳らしい若さを伺うこともでき、今後のさらなる飛躍が期待されるばかりです。

攻守に優れていた井手口陽介…柴崎岳の出番が無いほどの大立ち回り

「W杯まではまだまだ時間があるので、もっともっと自分自身、成長して、これからも満足せずにまた選ばれるように頑張っていきたいと思います」

(井手口陽介・試合後のインタビューより)

予選3位と崖っぷちに立たされていたオーストラリア代表は、スタメンの半数近い5名を「フォワード登録されている選手」での「超・攻撃的」な布陣で望み、幾度と無く日本代表ゴールへの猛攻を見せていました。

日本代表は、経験豊富で信頼も厚い「長谷部・山口」を中心とした中盤の守備や、GK川島の安定したセービングにより、オーストラリアの捨て身とも言える攻撃を一蹴。

この背水の陣とも言えるオーストラリアの猛攻を無失点に抑えた「中盤の守備」のなかで、光るものを感じさせたのが井手口陽介の献身的な守備と運動量でした。

「前半よりも、後半の方がうまくハマっていた。」試合後にそう語った井手口選手は、オーストラリア右サイドで起用されていた要注意人物マシュー・レッキーの猛攻にも、すぐさま反応してピッチ上の低い位置までカバーリングする豊富な運動力を見せています。

前後半のあちこちで献身的な守備を見せながらも、ワールドカップ出場決定を印象付ける大舞台で、ゴール手前中央に自ら持ち込んでの2点目を決めたメンタリティ。

攻守に優れた若きタレントの活躍に、長らくキャプテンシーを発揮してきた33歳のベテラン長谷部選手も「心強い。自分自身もレベルアップしないと、次は選ばれないかもしれない。」と、前述の井手口選手のコメントに対して「世代交代」を匂わせるかのようなコメントで応えており、次世代の活躍を激励しています。

 人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA