2017年5月31日

世界禁煙デー2017のテーマとスローガン…なぜ5月31日に禁煙なのか?:海外の反応

2017年5月31日・水曜日の本日は「WHO世界禁煙デー」です。

そもそも「世界禁煙デー」がある、ということすら広くは知られていないこの記念日ですが、実は国際機関によって定められた正式な「国際記念日」の1つでもあり、世界保健機関 (WHO)が制定した禁煙を推進するための記念日を指します。

では、その「世界禁煙デー」、2017年の今回は、一体どのようなテーマスローガンの下に実施されているのでしょうか?

今回は、世界禁煙デーのテーマとスローガン世界禁煙デー2017のポスター広告、そして、WHOにより世界禁煙デーが定められるまでの歴史と、一体なぜ5月31日に禁煙なのか?・・・といったポイントをご紹介していきます。

5月31日はWHO世界禁煙デー


(動画引用:世界保健機関 (WHO) Youtube公式チャンネルより – https://goo.gl/BeLZCY)

5月31日の「世界禁煙デー」は、1987年に世界保健機関 (WHO)が制定した「禁煙を推進するための記念日」。

昨今では、タバコ税の値上がりや、居酒屋などの飲食店での禁煙・喫煙問題など、何かと肩身の狭いタバコユーザーですが、ついには「世界禁煙デー」なるものが国内での知名度をもってやってくることとなりました。

日本における「世界禁煙デー」では、厚生労働省が5月31日からの1週間を「禁煙週間」として定めています。

ワシントン大学の保健指標評価研究所が実施した2012年の調査では、「世界全体の喫煙率は、1980年から2012年にかけての約20年間で、男性で10.1%分の減少(41.2%→31.1%)に、女性で4.4%分の減少(10.6%→6.2%)が起きている。」と発表しています。

「世界的な人口増加と中国やインド、ロシアでの喫煙の人気の高まりに伴い、喫煙人口は1980年から2012年の間に大幅に増加していたことが分かった。」

「(米国医師会雑誌の)最新号に掲載された187か国の喫煙人口と喫煙率に関するデータによると、例えば中国では2012年、喫煙率が30年前の30%から24%に低下したものの、喫煙者数は同期間中に1億人近く増えた。」

(引用・出典:フランス・AFP通信 2014年1月8日付記事より – http://www.afpbb.com/articles/-/3006135)

フランス・AFP通信の記事によると、「世界人口の増加によって喫煙人口は増えているものの、全体の割合で見れば減少傾向にある」と報じられており、全体で見ると少数派になりつつある「喫煙者」ですが、人数で見ていくと「喫煙人口」は増加しており、喫煙者がマイノリティとなっていくことのほか、環境汚染の問題からも「喫煙・禁煙」の問題は見過ごせないものとなってきているのかもしれません。

世界禁煙デー2017のテーマは「Tobacco -a threat to development」

WHO世界禁煙デー2017のテーマ

Tobacco -a threat to development

厚生労働省が定めている世界禁煙デーのテーマ

2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~

(引用・出典:厚生労働省公式 2017年世界禁煙デーについて – https://goo.gl/2U1d78)

世界保健機関・WHOが定める世界禁煙デー2017のテーマは「Tobacco -a threat to development」。

意訳した意味は「タバコは発展に対する脅威になる」というもの。

世界的な規模でタバコを見たときに、発展途上国などでの喫煙問題は、喫煙による健康被害や業務効率の低下、若年層の素行不良など、社会の発展と進歩の妨げになってしまうものだ、という内容となっています。

「発展や開発の脅威になる(a threat to development)」という表現が、国際機関である世界保健機関・WHOらしいテーマの標榜であるとも言えます。

対して、日本の厚生労働省が掲げている世界禁煙デーのテーマは「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」というもの。

受動喫煙による健康被害や、分煙・禁煙から、「タバコ・喫煙は良くないものである」という意識が高まりつつある日本では、東京オリンピックが開催される「2020年」を1つの目標時期として、「煙から子ども達をまもろう」という内容を掲げています。

世界禁煙デーに掲げる1つのテーマのなかに「東京オリンピック」「受動喫煙のない社会」「子ども達をまもる」という3つの内容が盛り込まれたもので、3本立てのテーマのなかに、日本の行政らしい内容決定までの紛糾が感じられます。

国際的に定められた記念日でもあるこの世界禁煙デーに掲げる日本のテーマとしては、「2020年に開催される東京オリンピック」と「子ども達をまもる」の左右2つの内容に、日本の国政事情がよく表われているテーマです。

世界禁煙デー2017のポスター

世界禁煙デー2017のポスターはレスリング選手の吉田沙保里さん。

前回2016年のポスターでは、中国・ハリウッドの映画スターであるジャッキー・チェンが大きなタバコを膝蹴りで圧し折るという内容だったのに対して、今回の2017年ポスターでは、レスリング選手として強靭な肉体を持つ吉田沙保里さんが「健康のために一歩踏み出そう!」と呼びかける内容となっています。

Twitterなどの一部では「毎年、いまいち訴求力が無い」とも評されている世界禁煙デーのポスター。

反応は上場で、「世界禁煙デーのポスターの前でタバコを吸ってしまい申し訳ない」「世界禁煙デーのポスターを前に吸うタバコは旨い」など様々な反応の声が挙がっています。

WHO世界禁煙デーの歴史

1987年に開催された「世界保健機関決議WHA40.38」のなかで、「1988年4月7日を第1回世界禁煙デーとする」という内容が定められました。

1988年には、「世界禁煙デーを毎年5月31日とする」という内容が定められ、翌1989年以降から、毎年この日に実施されています。

なぜ5月31日に「禁煙」なのか?

前述のように、1987年に「4月7日」を第1回としてスタートした「世界禁煙デー」ですが、なぜ5月31日に実施されるようになったのでしょうか?

実は、この「1988年4月7日」の第1回世界禁煙デーは、世界保健機関・WHOが設立40周年を迎える記念日。

最初に決議が行われた1987年時点では「世界保健機関・WHOが設立40周年を迎える日を、第1回世界禁煙デーとして定める」という内容が決定されていました。

しかし、後の1988年、「4月7日では、1950年には成立していた”世界保健デー”と重なってしまう!」ということから、「5月31日を世界禁煙デーとする」ということが話し合われました。

一説に、日本禁煙学会による公式メーリングリストのなかで、結核予防会の島尾忠男氏らが語ったとされる内容によると、「5月にはWHO総会があるから、総会の後に実施するのが良いだろう」ということから、なんとなく「5月31日」と定まった、とされていますが、真偽は不明です。

5月31日から1週間の禁煙週間、あなたは禁煙してますか?

日本では、世界禁煙デーである5月31日から、1週間の禁煙週間が定められています。

未だ大きな知名度のある記念日では無いとも言え、なじみの薄い「世界禁煙デー」。

この1週間では、いつもよりも少しだけ、街角の煙が少なくなるかもしれません。

あなたは禁煙してますか?

Twitterの反応

海外の反応

Lawathon Tyagi「タバコの野郎に”ノー!”と言ってやれ!俺はやめるぞ!」

AANCHAL KASHYAP「理解できないね。」

TheCobalt100「タバコはこの国を大きくした生産品の1つだぞ。」

elblaze768「人々は、それを吸うか、吸わないかの自由な権利を持っている。」

Gentleman Jim「タバコを吸うやつは100%死に至るだろうってことを忘れるなよ。」

william043「君のために葉巻タバコを嗜むとしようかね。」

RAMAMOORTHY EXPORTS「喫煙者だけ!ってのは、非喫煙者のことをタバコの煙から守るだろ?」

Chitra AOL「グレートだぜ。もし煙草が違法となるのであればそれはより良いことだろう。」

Moto Elliott「たった今タバコ吸ったところだよ。」

Dennis Teryd「この動画見た後にタバコ吸うわ。」

Murray M. Burns「タバコが嫌いだって?吸わなきゃいいんだよ。」

(引用・出典:Youtube動画コメント欄より翻訳 – https://www.youtube.com)

関連記事

デジャブ・既視感はなぜ起こる?その原因と理由、どんな意味があるのか
初めて見る場所、初めての経験する場面、初めて会う人、初めてすること・・・すべてこれまでに経験したことのないはずの出来事が、まるで前にも経験したかのように感じ...
幸せになりたい…幸せになるための方法は?哲学、統計、医学による「幸せ」
「幸せになりたい」。世の中の多くの人間が描き、思い悩む「幸せ」という悩み。人間は、どうしたら幸せになれるのか?幸せになりたい、幸せになるための方法は?…過去に...
初夢はいつ見る夢が初夢か?年越し?元旦?1月2日?初夢の風習と縁起
2017年・元旦、あけましておめでとうございます。今年の始まりに正月三が日を寝正月として過ごす老若男女は少なくありません。その寝正月のなかで、今年の運勢を占うと...

 人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA