2017年4月30日

2017ゴールデンウィーク上映中の映画のオススメ!大型連休に観たい今年の名作映画は?

LINEで送る
Pocket

いよいよ2017年のゴールデンウィークが幕開けとなり、各観光地やデートスポット、5月初旬のイベントに大忙しの賑わいを見せ始めています。

5月初旬の連休中には、2017年名作・傑作映画が目白押し!

そもそも「ゴールデンウィーク」という語句は、映画会社の大映と松竹による名作映画のヒットがはじまりとなった宣伝用語ってご存知でしたか?

ゴールデンウィーク中はインドア気味にすごそうかな?と考えている方も、2017年のゴールデンウィーク映画館に出かけてみることをオススメします!

そんな2017年ゴールデンウィークに上映中の映画をまとめてみました。

2017年ゴールデンウィークに上映中の映画一覧

  • 美女と野獣
  • ワイルド・スピード ICE BREAK
  • 無限の住人
  • 3月のライオン 前編・後編
  • 帝一の國
  • ReLIFE リライフ
  • クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ
  • 名探偵コナン から紅の恋歌
  • かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界
  • キングコング: 髑髏島の巨神
  • ゴースト・イン・ザ・シェル
  • SING/シング
  • モアナと伝説の海
  • ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
  • わたしは、ダニエル・ブレイク
  • 世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方
  • たかが世界の終わり
  • カフェ・ソサエティ

一説には、映画会社の大映と松竹による競作映画「自由学校」の大ヒットがきっかけとなり、大型連休に興行大ヒットとなることを見込んで生まれたと言われる「ゴールデンウィーク」の宣伝用語。

2017年の現代でも、今年公開されたばかりの名作・傑作から、4~5月の注目の最新作までをゴールデンウィーク中の映画館で見ることができます。

公開中の様々な映画の中から、貴方のゴールデンウィークにピッタリの1作がきっとあるはず!

ゴールデンウィーク中の注目の映画から、テーマごとのオススメをご紹介します。

ゴールデンウィークに観たいオススメの映画

美女と野獣

ある日、ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。

魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。

呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。

聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

(引用・出典:Disney movie 公式情報より – https://goo.gl/3QPVZG)

映画「ハリー・ポッター」シリーズで、ハリー・ポッターの盟友となる魔法使いの秀才少女・ハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンが、ディズニーの名作「美女と野獣」のヒロインとして大人になった魅力を存分に発揮して帰ってきます。

第89回アカデミー賞で各賞を総なめにした「ラ・ラ・ランド」への主演依頼をきっぱりと断って今作へ出演しているエマ・ワトソン。

最近のニュースでは、「女性の権利と地位向上」についての活動に力を入れる立場でありながら、女性の性的な魅力を押し出したセクシーなイメージ広告に出演したことにより批判を浴びている彼女ですが、「(ラ・ラ・ランドに主演させたいのならば)美女と野獣の撮影スケジュールに合わせなければ、出演しない。」とまで言い放って望む今作では、ディズニーの往年の名作への気合の入れようが伝わります。

ゴールデンウィークに、家族と、恋人と、友人同士や女子会でもオススメできる名作映画です。

ワイルド・スピード ICE BREAK

キューバ・ハバナでハネムーン代わりのバカンスを楽しんでいたドミニクとレティ。

そんなある日ドミニクはサイファーと名乗る女性と出会い、彼女から自分の部下になるよう申し込まれる。最初応じる気はないドミニクだったが、彼女にスマートフォンの「ある写真」を見せられると表情が一変する。

サイファーから核兵器の発射コードを手に入れることを命じられたドミニクは家族を守るためにニューヨークに潜伏。同じくして彼の捕獲を試みる「ファミリー」も追跡する。

果たしてドミニクのファミリーの命は?

バラバラになってしまった「ファミリー」は元に戻るのか?

(引用・出典:wikipedia ワイルド・スピード ICE BREAK – https://goo.gl/7qNqQz)

オトコの憧れ「不良」と「クルマ」に「エクストリームスポーツ」を地でいくムキムキマッチョのハゲオヤジ、我らがビン・ディーゼル主演の「ワイルド・スピード」がパワーアップして帰ってきました。

前作の続編として、ハネムーン代わりのバカンスを楽しむドミニク(ビン・ディーゼル)。

サイファーと名乗る謎の女性の計略により、アメリカ・ニューヨークを敵に回しての大暴れを演じることになります。

これまでには、石油の国の超高級スポーツカーで空を飛び、ロケットランチャーでガシャンドカンのド派手で爽快なアクションシーンが話題となってきた「ワイルド・スピード」シリーズですが、ゴールデンウィーク中に頭をカラッポにして楽しめる痛快アクションを観れば、2017年のストレス社会にはびこるイヤ~な上司も、ビン・ディーゼルのマッチョなスタイルよろしくワイルドなスピードで痛快に乗り切れること間違いありません。

無限の住人

漫画原作の実写版として解散騒動で話題になった木村拓哉が主演する、ぶった斬りチャンバラ・アクション「無限の住人」。

不死身の身体を持つ異形の剣客・万次(まんじ)を用心棒に、両親の敵討ちを懇願する少女・凛(りん)。

江戸幕府も手を焼く最強の剣客集団「逸刀流」を相手に、その棟梁である天津影久を打ち倒すための旅にでる。

逸刀流との激しい戦いのなかで、不死身となった自身の身体の変化を感じ取る万次だったが、過去に自身が原因で失った妹の面影を凛に見出し、彼女の悲願成就のための手助けとなることを決意する。

不死身のサムライ、最強の剣客集団、そして300人の幕府軍までを巻き込んで、異形のぶった斬りアクションの幕が開ける・・・。

3月のライオン 前編・後編

将棋という勝負の世界に身を置く少年・桐山零(きりやま れい)を中心に、零の周辺人物たちの人間ドラマと微妙な心の機微を描いた羽海野チカによる漫画作品の実写化。

「17歳のプロ棋士と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。」と銘打たれた今作は、前後編からの2部構成で、ゴールデンウィーク中には、前編・後編の一挙上映が企画されるシアターも珍しくなく、これまでのストーリーをイッキに満喫することが出来ます。

帝一の國

「このゴールデンウィーク、観なきゃならない映画がある!」

生徒会長に、僕は、なるッ!絶対!どんなことをしてでも、なってやるッ!!

日本一の名門校で生徒会長の座を賭けて行われる総選挙、ライバルは800人の秀才たち。

生徒会選挙に命をかける男・赤場帝一(菅田将輝)。超一流のイケメン俳優陣がそろい踏みで送る野心みなぎる学園政権闘争コメディ。

ReLIFE リライフ

27歳のニートだった青年が、ある企業が開発した新薬の実験として、1年間限定で17歳高校生に逆戻りする。

27歳が10年の時間を巻き戻して送る高校生活のなかで、驚きと感動に満ちた青春ストーリー。

まだ間に合う!GW中に観れる2017初旬公開の最新名作

キングコング: 髑髏島の巨神

はやくも最新ゴジラとの対戦が噂されているキングコング。

今作では、昭和の怪獣映画を思わせるような宣伝ポスターが、往年の怪獣映画ファンをうならせました。

往年の名作リメイクとして公開された「キングコング:髑髏島の巨神」では、ゴジラサイズに合わせた現代版へのスケール調整がなされており、白黒版の第1作に胸躍らせた映画ファンも、ゴールデンウィークを楽しむちびっ子も大満足の怪獣エンターテイメントに仕上がっています。

ゴースト・イン・ザ・シェル

日本のSF漫画・アニメの金字塔として、「AKIRA」と並び世界中で愛されている「攻殻機動隊」。

実写化は不可能とまで言われた近未来サイバーパンクの世界観を、アニメ版監督の押井守氏が悔しがるほどのレベルで実現させたハリウッド実写版が今作「ゴースト・イン・ザ・シェル」です。

今作の公開後には、近来サイバー世界やAIの実現に対する様々な議論や見解が、各界の著名人からも寄せられるなど、サイバーパンクSF映画のみならず、近い未来に実現するであろう現実世界の予言的なイメージとしても話題を得ている映画として楽しむことも出来ます。

SING/シング

ユニバーサルが贈るCGアニメムービーとして公開された「SING/シング」。

経営の傾きかけた劇場を復活させる秘策として開催されたシンガーオーディションのなか、動物が暮らす街じゅうを巻き込んだ歌とダンスのドラマが繰り広げられるコメディ映画。

劇場動員では330万人を突破し、タイトルでもある「SING/シング(歌)」の通り、ミュージカル調に繰り広げられるサクセスストーリーはまさにユニバーサルの真骨頂。

日本語吹き替えにおいては、原版の声優による声のイメージにあわせたキャスティングが徹底されており、日本語・英語でそれぞれ2回見ても楽しめます。

映画マニア必見!映画館のレイトショーでまったりと観るマイナー映画

わたしは、ダニエル・ブレイク

第69回カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞作品。

イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。

国の援助を受けようとするが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。

悪戦苦闘するダニエルだったが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。

貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

(引用・出典:わたしは、ダニエル・ブレイク公式サイト – http://danielblake.jp/#story)

高田馬場のレイトショーでしっとりと観るのにピッタリの一見退屈なヒューマン・ドラマこそ、ゴールデンウィークに疲れた心を癒してくれるかもしれません。

「わたしは、ダニエル・ブレイク」はイギリス北東の片田舎で暮らす男の普遍的な物語。

生きるために、もがき苦しむ人々の普遍的な物語をつくりたい、と語る今作の監督は、イギリスの労働者や一市民の目線で描いたドキュメンタリー映画で定評を得ています。

「人生は、変えられる。隣の誰かを助けるだけで。」

苦難の物語から語られる、暖かいキャッチコピーは、世知辛い現代社会で疲れた心をきっと癒してくれます。

カフェ・ソサエティ

第69回カンヌ国際映画祭でのオープニング映画として上映され、一部でロングラン上映が行われているロマンティック・コメディ。

アカデミー賞脚本賞を3度受賞しているウディ・アレンによる脚本&監督作品で、ゴールデンウィーク公開の大作たちに隠れた名作の一本となるかもしれません。

1930年代のハリウッドは芸能人から政治家・ギャングまでありとあらゆる人間が出入りしていた。

そんな世界に一人の野心ある青年が飛び込む。

彼の名前はボビー・ドーフマン。ボビーは業界の有力者でもある叔父のもので働き始めたばかりであった。

彼の恋愛を通してハリウッドの虚実が浮き彫りになっていく。

(引用・出典:Wikipedia カフェ・ソサエティ – https://goo.gl/gwC8Rr)

Twitterの反応

関連記事

妻夫木×綾野剛?映画「怒り」でガチの同棲生活カップリングを演じて受賞した助演男優賞
12月5日・月曜日、日刊スポーツ新聞社が主催する第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞にて、俳優の妻夫木聡さんが、「怒り」のほか4作品で助演男優賞に輝きました...
スリザリンはいやだ?ファンタスティックビーストの主人公ニュートはどの寮だった?:海外の反応
11月23日の公開初日から過去作を上回る好調な滑り出しを見せているハリーポッターシリーズ最新作「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」。ハリーポッターシリー...
ハリーポッター新作「ファンタスティックビースト」吹き替え声優一覧まとめ
 11月23日・水曜日から公開されているハリーポッターシリーズ最新作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。公開初日には、2011年公開の「ハリー・ポッター...

 最新の記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA