2016年12月11日

ノーベル文学賞ボブ・ディランの受賞メッセージ全文!授賞式を欠席して贈る言葉:海外の反応

12月11日、スウェーデンのストックホルムにてノーベル賞授賞式が開催されました。

ノーベル文学賞を受賞しながら、その動向が注目されていたボブ・ディラン

今回の授賞式には欠席したボブ・ディランによるメッセージ文が、在スウェーデン米国大使であるAzita Raji氏により代読されています。

ボブ・ディランによる受賞メッセージ(英語原文)

Good evening, everyone. I extend my warmest greetings to the members of the Swedish Academy and to all of the other distinguished guests in attendance tonight.

I’m sorry I can’t be with you in person, but please know that I am most definitely with you in spirit and honored to be receiving such a prestigious prize. Being awarded the Nobel Prize for Literature is something I never could have imagined or seen coming. From an early age, I’ve been familiar with and reading and absorbing the works of those who were deemed worthy of such a distinction: Kipling, Shaw, Thomas Mann, Pearl Buck, Albert Camus, Hemingway. These giants of literature whose works are taught in the schoolroom, housed in libraries around the world and spoken of in reverent tones have always made a deep impression. That I now join the names on such a list is truly beyond words.

I don’t know if these men and women ever thought of the Nobel honor for themselves, but I suppose that anyone writing a book, or a poem, or a play anywhere in the world might harbor that secret dream deep down inside. It’s probably buried so deep that they don’t even know it’s there.

If someone had ever told me that I had the slightest chance of winning the Nobel Prize, I would have to think that I’d have about the same odds as standing on the moon. In fact, during the year I was born and for a few years after, there wasn’t anyone in the world who was considered good enough to win this Nobel Prize. So, I recognize that I am in very rare company, to say the least.

I was out on the road when I received this surprising news, and it took me more than a few minutes to properly process it. I began to think about William Shakespeare, the great literary figure. I would reckon he thought of himself as a dramatist. The thought that he was writing literature couldn’t have entered his head. His words were written for the stage. Meant to be spoken not read. When he was writing Hamlet, I’m sure he was thinking about a lot of different things: “Who’re the right actors for these roles?” “How should this be staged?” “Do I really want to set this in Denmark?” His creative vision and ambitions were no doubt at the forefront of his mind, but there were also more mundane matters to consider and deal with. “Is the financing in place?” “Are there enough good seats for my patrons?” “Where am I going to get a human skull?” I would bet that the farthest thing from Shakespeare’s mind was the question “Is this literature?”

When I started writing songs as a teenager, and even as I started to achieve some renown for my abilities, my aspirations for these songs only went so far. I thought they could be heard in coffee houses or bars, maybe later in places like Carnegie Hall, the London Palladium. If I was really dreaming big, maybe I could imagine getting to make a record and then hearing my songs on the radio. That was really the big prize in my mind. Making records and hearing your songs on the radio meant that you were reaching a big audience and that you might get to keep doing what you had set out to do.

Well, I’ve been doing what I set out to do for a long time, now. I’ve made dozens of records and played thousands of concerts all around the world. But it’s my songs that are at the vital center of almost everything I do. They seemed to have found a place in the lives of many people throughout many different cultures and I’m grateful for that.

But there’s one thing I must say. As a performer I’ve played for 50,000 people and I’ve played for 50 people and I can tell you that it is harder to play for 50 people. 50,000 people have a singular persona, not so with 50. Each person has an individual, separate identity, a world unto themselves. They can perceive things more clearly. Your honesty and how it relates to the depth of your talent is tried. The fact that the Nobel committee is so small is not lost on me.

But, like Shakespeare, I too am often occupied with the pursuit of my creative endeavors and dealing with all aspects of life’s mundane matters. “Who are the best musicians for these songs?” “Am I recording in the right studio?” “Is this song in the right key?” Some things never change, even in 400 years.

Not once have I ever had the time to ask myself, “Are my songs literature?”

So, I do thank the Swedish Academy, both for taking the time to consider that very question, and, ultimately, for providing such a wonderful answer.

My best wishes to you all,

Bob Dylan

(引用・出典:日本経済新聞 – https://goo.gl/jS59jP)

ボブ・ディランによる受賞メッセージ(日本語訳)

こんばんは、みなさん。スウェーデン・アカデミー会員の面々と、そして、今夜ゲストとして招かれているご出席の賓客の皆様へ、心からのご挨拶を申し上げます。

本日の式典に出席することができないことをとても残念に思います。しかしどうか、私の気持ちが間違いなく皆さんと一緒あり、このような名誉ある賞を頂いて、私がとても光栄に思っていることをご理解ください。ノーベル文学賞の受賞なんて想像だにしていませんでした。

私は幼いときから読書に親しみ、キップリング、ショー、トーマス・マン、パール・バック、アルベール・カミュ、ヘミングウェイといった、今回のような栄誉にふさわしい文学の巨匠たちにいつも大きな感銘を受けてきました。その作品が学校で教えられ、世界中の図書館に収納され、敬意を持って語られる、これら文学の巨匠たちにはいつだって深い感銘を受けていました。今、このような巨匠達に、私の名前が連なるなんて、本当に言葉がありません。

彼ら自身がノーベル賞を受賞することに対して、自身がそれに値すると思っていたかどうかは私にはわかりません。しかし、本や詩、演劇を書く人たちはみな、心のうちに秘められた夢を抱いているはずです。それはおそらく、自分でも気づいかないほどの深い深いところに埋められているのでしょう。

もし、誰かが私にノーベル文学賞を受賞するチャンスがあると伝えたとしても、そうなる確率は、私が月に行くことと同じくらいありえないことだと思ったに違いありません。実際、私が生まれた年や、およびその後数年は、このノーベル賞に値すると考えられた人間は世界中のどこにもいませんでした。控えめに言って、今回の受賞の一報を知って、自分が希少なグループの一員となったことを受け止めるまでにしばらくの時間が必要でした。

まず頭に浮かんだのは、偉大な著述家であるウィリアム・シェイクスピアのことです。私個人的には、彼は自分のことを劇作家と捉えていたのだと考えており、彼自身には、文学を執筆しているのだ、という思いは頭の中になかったではないでしょうか。

彼の言葉は、文学や本として読まれるためのものではなく、舞台の上で語られるためのものです。彼が「ハムレット」の執筆を進めていたとき、「どの俳優が適役か?」「どのように演出するべきか?」「本当にデンマークを舞台としたいのか?」といった創造性の探究についてや、「財政は大丈夫か」といった世俗的な事柄は考えていたはずです。彼が、自分のクリエイティブなヴィジョンや志を一番に考えていたことは間違いないでしょう。しかし、「これは文学なのか」などという問いは、シェイクスピアにとって、最も縁遠い問いであったはずだと私は確信しています。

私がまだ10代の頃に局を書き始めた時、そして、ある程度の名声を得るようになった時でさえも、音楽に対する私の望みは大したものではありませんでした。コーヒー・ハウスやバーでかかるようになるかもしれない、もしかしたらカーネギーホールやロンドン・パラディアムのような場所でもあるかもしれない。大きな夢を見るにしても、頭に浮かぶことはせいぜい、レコードを出して、自分の歌がラジオで流れ、といった程度のことでした。同時にそれは自分にとっては偉大なことでもあり、そこには多くの観客がいて、長きにわたり、自分がやりたいと思ってきたことをやり続け、これまでに多くのレコードを出し、世界中でたくさんのコンサートをしてきました。

しかしながら、言わなくてはならないことがあります。

私は5万人を前に演奏したこともあれば、たったの50人を前に演奏したこともあります。そして、50人を前にプレイするほうが難しいことを知っています。

5万人は1つの大きな魂の躍動となり得ますが、50人はそうではありません。そこには、1人1人が、それぞれ異なるアイディンティティと言葉を持っています。彼らは物事をより明確に見抜くことができるのです。そこでは、自身のひたむきさと、その誠実が、自身の才能の深みとどう結びつくのかを試されるのです。ノーベル章にまつわる出来事や集まりは些細なことであり、それを私は理解しています。

ただ、私の行動のすべての中心にあったのは常に「歌」でした。私の歌が多様な文化を通じて、多くの人の中に居場所を見つけたことは非常にうれしく思っています。

私もシェイクスピアのように、創造性の探究と世俗的な事柄で頭がいっぱいになり、「この歌を歌うのに最適なミュージシャンは誰だろうか」「相応しいスタジオでレコーディングしているのか?」「この曲はこのキーでいいのか」などと考えています。400年経っても変わらないものもあるのです。

私も「自分の歌が文学だろうか」などと自分に問いかけたことは今までありませんでした。ですから、選考委員会がこの問いについて検討してくれたこと、そして、その結果、このような賞をくださったことに感謝します。

皆様のご多幸をお祈りしています。

ボブ・ディラン

日本の反応

海外の反応

@Roger Andersson「一体どういうジョークなんだ」

@snowsandrivers blackfyrestorm「”書く”という行為を伴うものは全て文学なんだよ」

@Ron Delby「彼は世界中の人々の考えることを変えたような人物だ。それに値するよ。」

@Scott 70「ハハハ!世界中がなんだって?僕はこの古臭いプレッツェルみたいな男の歌を1つも知らないよ。」

@iofwd「オバマはただ肌が黒いから、という理由で平和賞を勝ち取った。だから僕は文学のために受賞するボブ・ディランについて何も言うことは無いよ。」

@Coolie Bwoy417「もしオバマがそれで平和賞をとっているのなら、ノーベル賞そのものが無価値な紙切れのように思うよ。ボブ・ディランに対しても失礼だね」

@Paul van Dijck「まったくその通りだ!」

@Phillip Beckman「ボブ・ディランに文学賞はふさわしくないという人々がいるようだけれど、この男は伝説だよ」

@BluVynil「彼の詩を、ドナルド・トランプのツイートと比べてみろ。それがどれほど腐った缶詰のような臭いがすることか。」

@Phillip Beckman「誰がそんなナンセンスなことを言えるというんだ?」

(引用・出典:Youtube – https://goo.gl/BEy3t1)

関連記事

 人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA