2017年3月11日

Nintendo Switch 最新の評価とレビュー!ゼルダの伝説効果で北米の売上最高記録:海外の反応

2017年3月3日、任天堂から次世代ゲーム機「Nintendo Switch」が発売されました。

発売直後から、同じく任天堂が手がけるビッグタイトル「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」が国内外で高く評価されるなど、追い風に乗って好調な様子のNintendo Switch

往年のファミコン、ゼルダ、マリオを生み出した任天堂の新しいゲーム機であるNintendo Switchの評価はどのようなものとなったのでしょうか?

Nintendo Switch最新の評価レビュー海外の反応をまとめてみました。

関連記事

Nintendo Switch 最新の評価とレビュー

海外ゲームレビューサイトやYoutubeチャンネル上では、下記のような賛否両論の評価がなされており、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドによる良好な反応はあるものの、「本体のプラスチック感はチープだ」「不良品」など、一部にネガティブなコメントも見受けられます。

概ね、Nintendo Switchが評価されているポイントとしては、次世代ゲーム機の新しいハイブリッドコンセプトと、美しく鮮やかなスクリーン画面についての意見が主流。

対して、否定的な意見のポイントとなっているのが、「プラスチック感のチープさ」「初期不良や不具合」が問題とされています。

Nintendo Switchが評価されているポイント

  • 次世代機のハイブリッドコンセプト
  • スクリーン画面の鮮やかな美しさ
  • 新しい操作性がおもしろい
  • ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドが傑作であること

Nintendo Switchへの否定的な意見のポイント

  • 本体のプラスチック感がチープである
  • コントローラーの初期不良や不具合
  • Wiiに続き、コアゲーマーには向かないコンセプト
  • ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド以外に目立ったタイトルが無いこと

「nintendo life」による評価とレビュー

任天堂と、そのサードパーティとなるパートナー達がWiiUでつまづいた。Nintendo SwitchがWiiUと同じ運命をたどることになるのならそれは驚くが、ゲーム業界に確かなことはないのだ。このハードウェアの魅力の本質的な部分は、「いつでも、どこでも、誰とでも遊べる」というユニークなシステムにあることは疑う余地がない。任天堂が満を持して打ち出すハードウェアが、ユーザーに響くかどうかは、これまで見てきたものを考えるとまだ不明瞭だが、Nintendo Switchは確実に私たちに信頼感を感じさせる。

「The Verge」による評価とレビュー

これは周知の事実ではあるが、ゲーム機とは「素晴らしいハードウェアであること」だけでは十分な評価を得るに足らない。任天堂の弱点として、「展開し続けること」「サードパーティサポートの拡張」「オンラインサービス対応」が挙げられる。私は、任天堂のファーストパーティによるラインアップが良いものであるかどうか、という点について、若干懐疑的ではあるが、「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」はNintendo Switchの購入を決定付ける、価値ある投資の1つではある。ただ一方で、前述した弱点は今後の落とし穴にもなり得る。Nintendo Switchは、本当に素晴らしい何かになり得るポテンシャルを持っており、彼らは今こそ、それをしっかりとサポートしていくべきである。

CGMagazine

今の時点では、Nintendo Switchの可能性は無限にある。相対的にスペックに対する不満感はあるものの、その機能性や、様々な遊び方が見出せる点については、Nintendo Switchを優れたものにしている。初動の価格がこれほどまでに高価でなければ良かったのではないかと思う。それでも、任天堂ファンにとって、「あのマリオの任天堂」が家庭用ゲーム機の舞台に舞い戻ったことは喜ぶべきことだ。

「Guardian」による評価とレビュー

良い点:

  • 魅力的なコンセプト
  • ハイブリッドさ
  • 操作性が面白い
  • 良質なスクリーン
  • いくつかの素晴らしいタイトルが開発中であること

悪い点:

  • ハードウェアデザインが扱いにくいものになっている点
  • ローンチタイトルが少ない
  • 販売戦略が明確ではない

techradarによる評価とレビュー

良い点:

  • ユニークでハイブリッドなデザイン
  • HD振動
  • コントローラー2つが同梱
  • 鮮やかなスクリーン

悪い点:

  • コントローラーの充電がコンソール上でしか出来ないこと
  • パッドが分かれていること
  • 右のアナログスティックの位置が変
  • オンラインサービス対応の選択肢が少ない

北米での売上が任天堂歴代ゲーム機の史上最高記録に

これまでに、北アメリカでの初動2日間のセールス記録で、歴代の任天堂ハード機のなかでも最も好調な滑り出しとなっていることが報じられています。

ニンテンドー・オブ・アメリカのCEOであるレジー・フィルズ氏は、プレス向けイベントを開催し、ニューヨークタイムズ紙のNick Wingfield氏がTwitterにてその取材内容をツイートしています。

(訳:Nintendo Switchのセールス記録について連投。ニンテンドー・オブ・アメリカCEOのレジー・フィルズ氏と広報への取材の内容だ。)

(訳:Nintendo Switchが金曜から土曜にかけて販売した北米2日間の記録は、これまでの任天堂の歴史における全てのハードを凌駕するものとなった。)

ニューヨークタイムズ紙Nick Wingfield氏のツイートによると、Nintendo Switchは、発売開始からわずか2日間の間に、任天堂の家庭用ハード機のなかでも歴代最高となる初動販売を見せていることが明らかになっています。

過去に、任天堂ハード機のなかで最高の滑り出しを見せていたのは2006年に発売されたWii。

類型で全世界1億台の販売実績があるあのWiiを上回る初動記録を樹立したことになり、今後のセールス動向が注目されます。

特に注目されているのは、Nintendo Switchが、ゲームがよく売れるとされる「ホリデーシーズン」ではなく、「3月」に発売されている点。

基本的には、ゲームコンソール機は、年末のホリデーシーズンに発売されるのが定石とされており、Nintendo Switchの発売まで歴代最高の初動セールスを記録していたあのWiiも、このホリデーシーズンに販売開始されていました。

ホリデーシーズンに発売されたWiiをさらに上回る記録を見せたことは、間違いなく、Nintendo Switchの好調な初動セールスを裏付けるものとなっており、同じく同日に発売されたNintendo Switch向け最新タイトル「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」は、ローンチソフトとして歴代任天堂ハード最高の売上げを記録し、「過去最高の傑作」「約束された神ゲー」との呼び声が高まっています。

 人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA