2016年12月3日

朝本浩文氏が死去 UAやSuga Soulを手掛けた音楽プロデューサーに寄せられた追悼の言葉

11月30日・水曜日、UAやSuga Soulを手掛けた音楽プロデューサー・朝本浩文氏(享年53歳)が死去していたことが発表されました。

朝本浩文氏は2014年に自転車での転倒事故により意識不明の重体となったことから、これまで療養生活を送っていました。

氏の妻である由美さんがFacebook上で公式のコメントを発表しています。

UA「情熱」を手掛け、90年台の音楽シーンを経験した同年代の人間なら誰もが耳にした事のあるフレーズ。

90年台の音楽シーンを支えたプロデューサー死去の一報に、各所から追悼の声が挙がっています。

朝本浩文さんが手掛けた代表曲UA「情熱」、THE YELLOW MONKEY「バラ色の日々」


(動画引用・出典:Youtube・Victor Entertainment公式チャンネル https://goo.gl/l5BM6K)


(動画引用・出典:Youtube・THE YELLOW MONKEY公式チャンネル https://goo.gl/1DTVKk)

1985年に音楽活動を開始して以来、プロデューサーとして女性アーティスト・UAの楽曲において作曲・編曲などを担当したことで知られています。

他にも、V6の「20th Century」、SUGER SOULといったアーティストの楽曲を始めとして作曲・プロデュースを手掛けるほか、沢田研二さんやTHE BOOMのライブにもキーボード担当として参加しています。

朝本浩文」というプロデューサー名を知らない人でも、本動画にあるUA「情熱」や、THE YELLOW MONKEY「バラ色の日々」に代表される憂いを含んだメロディラインには聞き覚えのある人は多いのではないでしょうか。

朝本浩文さんの妻・由美さんによる死去の一報とコメント

良い時はお互いで大いに喜び、大変な事は二人で支えあって乗り越えてきた良き伴侶でした。
(中略)この長い療養生活の間に私達は学び合い、お互いに一生懸命戦い抜き、悔いを一切残さず、別々に歩む事になりました。本当に、音楽には類まれなる才能があり、罪な男でしたが、彼はきっと日本の音楽神となると信じています。

朝ちゃん、これからは安らかに。本当にありがとう!

(引用・出典:朝本浩文さんの妻・由美さんのFacebookコメントより https://goo.gl/i8dGB6)

妻の由美さんは、2014年の事故で療養生活に入った朝本浩文さんを支援するためのプロジェクト「AID FOR Asamoto」において、公式コメントの中で、朝本浩文さんとの出会いから、結婚、事故と、そして、別れまでを綴っています。

朝本浩文さんに寄せられた追悼

ご冥福をお祈りします。

R.I.P. 朝本浩文

 人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。