2017年11月1日

ニューヨーク・テロ事件|車暴走の犯人の身元と正体…「アッラーフアクバル(神は偉大なり)」と叫びテロ目的の動機と断定

10月31日、ハロウィンの夜を前にしたニューヨーク・マンハッタンにて、テロ事件が発生しました。 テロ事件の現場となったのは、マンハッタン島の最南端に位置する「ロウアーマンハッタン」、別名「ダウンタウン」とも呼ばれる世界の […]

もっと読む
2017年10月28日

カタルーニャ自治州の独立宣言…スペイン地図北東・フランス境界に「カタルーニャ共和国」誕生か?:海外の反応

10月27日、スペインをはじめとしたヨーロッパ世界史の歴史の1ページに「カタルーニャ自治州の独立宣言」という、新たな1ページが刻まれました。 スペインの北東部に位置するカタルーニャ地方における独立意識の高まりを受けて、独 […]

もっと読む
2017年10月27日

ケネディ大統領暗殺事件の機密文書が公開先送り…20世紀最大のミステリーは闇に葬られるのか?

1963年11月22日、その在任期間中に、テキサス州ダラスで暗殺されたジョン・F・ケネディ。 アメリカ・CNNニュースが報じたところによると、トランプ大統領が25日、このジョン・F・ケネディ元大統領の暗殺に関する非公開資 […]

もっと読む
2017年10月17日

なぜ?パナマ文書報道で真実を暴いた記者が暗殺される…車爆弾で近くの畑まで吹き飛ばされるほどの陰惨な手口:海外の反応

「タックスヘイブン(租税の回避地)」として知られるパナマの地を経由した高度な税金逃れの実態を暴いた「パナマ文書」。 その「パナマ文書」の真実を暴くための報道に参加していた地中海・マルタ島出身の女性記者、ダフネ・カルアナガ […]

もっと読む
2017年10月5日

バルセロナがリーグ脱退か?カタルーニャ独立で揺れるスペインと無観客試合「異様な試合風景を世界の人々が目にした」

カタルーニャの独立投票に揺れるスペイン。そのカタルーニャ州に本拠を置く世界的に有名なサッカークラブ「FCバルセロナ」がサッカースペインリーグ脱退の可能性を示唆しました。 FCバルセロナの会長であるバルメトウ会長は「カタル […]

もっと読む
2017年10月4日

カタルーニャはなぜ独立したいのか?クレヨンしんちゃんが旗を掲げる「独立のシンボル」になった理由

世界的に知名度のあるサッカークラブ「FCバルセロナ」が本拠を置くことでも知られているスペイン・バルセロナ。 そのバルセロナを州都としているカタルーニャ州で、1日、州の独立のための住民投票が実施されました。 スペイン中央政 […]

もっと読む
2017年10月3日

ラスベガス銃乱射|Web動画に記録された史上最悪の銃乱射事件のパニック…犯人の銃に集まる注目、IS関与は?

現地時間10月1日夜(日本時間10月2日)に、アメリカ・ネバダ州の大歓楽街・ラスベガスの中心地で、銃乱射事件が発生しました。 現地ラスベガス警察の発表によると、これまでに59人の死亡者と、400人以上の負傷者が確認されて […]

もっと読む
2017年9月20日

メキシコ地震の被害|死者は149人に…首都は過去最悪2度の大地震で大混乱「世界の終わりが到来している」

9月20日未明、3時14分頃、メキシコ中部の内陸地点を震源としたマグニチュード7.1の地震が発生しました。 今月2度目となるメキシコ地震の発生から10時間あまりが経過した現在、今回のM7.1メキシコ地震による死者は149 […]

もっと読む
2017年9月20日

メキシコでM7.1地震【速報】|津波の被害は?…海外の反応「世界の終わり」「巨人が地面を揺すっているようだ」

日本時間9月20日3時14分頃、メキシコ中部の内陸地点を震源としたマグニチュード7.1の地震が発生しました。 米国地質調査所(USGS)が発表したもので、日本の気象庁の調べでは、今回のメキシコ地震による日本への津波の影響 […]

もっと読む
2017年9月15日

ビットコイン中国 取引停止に|価格は30%急落も…政府指示でマネーロンダリングを警戒か?

インターネット上の新たな仮想通貨「ビットコイン」。 ビットコインを取り扱う中国3大取引所の1つである「ビットコイン中国」が、9月14日、今月末でビットコインの取引停止を発表しました。 9月8日には大幅な下落が報じられてい […]

もっと読む
2017年9月14日

ポテトサラダO157感染の原因…なぜ加熱後に食中毒が発生したか?「加熱後の二次感染の可能性」

9月14日、群馬県前橋市にある総菜店「でりしゃす」にて販売されていた総菜を食べた3歳の女の子がO157による食中毒感染から死亡してしまった問題で、その感染ルートに「加熱調理後に二次感染が発生している」可能性が浮上しました […]

もっと読む
2017年8月16日

終戦の日|8月15日は「戦争が終わった日」なのか?太平洋戦争の終結と日本の「終戦」

1945年8月15日、14日にポツダム宣言の受諾を通告していた日本は、天皇の肉声による玉音放送にて、太平洋戦争の終結と降伏が宣言しました。 後に「終戦の日」とされた8月15日。 実際の「終戦」は、「ポツダム宣言による降伏 […]

もっと読む
2017年5月10日

韓国大統領選の末路…文在寅勝利で日本への影響は?反日政権の誕生でどうなる用日論?:海外の反応

5月9日に開催された韓国大統領選挙で、10日午前、文在寅(ムン・ジェイン)氏の勝利が確定しました。 「強烈な反日政権の誕生」「危うい対北朝鮮政策」「前政権の汚染は浄化されるのか?」といった様々な声が浮かび上がる今回の大統 […]

もっと読む
2017年3月6日

北朝鮮はなぜいまミサイルを発射したのか?日本への影響は?安倍首相「新たな脅威となった」:海外の反応

2017年3月6日 月曜日、北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射、日本海近海に落下したことが確認されました。 なぜ、今このタイミングでのミサイル発射なのか? 今回発射されたミサイルの種類から、日本への影響、そして、なぜ今ミサイ […]

もっと読む
2017年3月2日

安部昭恵夫人の闇…家庭内野党のファーストレディが陥った政治の狭間:Twitterの反応

日本の国政におけるトップ、総理大臣である安倍晋三内閣総理大臣の妻・昭恵夫人。 日本国のファーストレディである昭恵夫人ですが、自身が名誉校長を勤める神道系の小学校「瑞穂の國記念小學院(学校法人森友学園)」の不透明な土地問題 […]

もっと読む
2017年2月28日

金正男は影武者によって暗殺を回避した?消えたタトゥーと息子によるDNA鑑定:海外の反応

2017年2月15日、北朝鮮・第3代最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)の指示による暗殺計画から、金正日(キム・ジョンイル)の長男・金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件が国際社会に激動の波紋を呼んでいます。 […]

もっと読む
2017年2月17日

金正男殺害後の家族の行方は?金一族の家族構成と息子の安否:海外の反応

2017年2月13日、マレーシア・クアラルンプール空港において殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏。 金正男氏の殺害後、行方がわからなかった長男キム・ハンソル君(22)が、中国当局の身辺保護を受けていると、韓国・国家情 […]

もっと読む
2017年2月15日

金正男殺害の犯人逮捕!暗殺実行犯は「ベトナムのネットアイドルです」?:海外の反応

2017年2月15日、北朝鮮最高権力者にあたる朝鮮労働党 初代委員長・金正恩(キム・ジョンウン)氏の兄であり、北朝鮮における前最高権力者の金正日(キム・ジョンイル)の長男、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシア・クアラ […]

もっと読む
2017年2月15日

金正男暗殺の理由はなぜか?毒針の女スパイに殺害された北朝鮮のプリンス:海外の反応

2017年2月15日、北朝鮮・第2代最高指導者である金正日の長男、金正男(キム・ジョンナム)氏が何者かに殺害された、とのニュースが報道され話題となっています。 現政権を握る金正恩(キム・ジョンウン)氏による暗殺指令やその […]

もっと読む