トップページ > ゴーストリコン ワイルドランズ攻略wiki > 最強武器について

ゴーストリコン ワイルドランズ攻略wiki/最強武器について

ゴーストリコン ワイルドランズ攻略wiki

ゴーストリコンワイルドランズの最強武器 Edit

作中に、現実に存在する様々な銃器が登場するゴーストリコンワイルドランズ

では、ゴーストリコンワイルドランズ最強武器は一体どの武器になるのでしょうか?

ゴーストリコンワイルドランズでは、プレイヤー本人の適正やプレイスタイルなどにあわせた銃器の選択とカスタマイズが可能になっており、また、登場する各武器それぞれも、パラメーター上の評価より「実際に撃ってみるとわかる反動やリロード、取り回しの特性」などもあることから、実は、「これがゴーストリコンワイルドランズ最強武器だ!」というものは、厳密には存在しません。

ゴーストリコンワイルドランズに最強武器は存在しないのか? Edit

しかしながら、ゴーストリコンワイルドランズでの最強武器の1つとして名高い「評価の高い武器」というものも傾向として存在します。

ここでは、ゴーストリコンワイルドランズ最強武器の一例を、実際の武器のバックストーリーなどとあわせてご紹介します。

ゴーストリコンワイルドランズ 最強武器 アサルトライフル編 Edit

Mk17 … イラク戦争で活躍した次世代アサルトライフル Edit

Mk17.jpg

「Mk17」は、別名「SCAR(スカー)」とも呼ばれるアサルトライフル。

ゴーストリコンワイルドランズのゲーム中では、精度と射程、貫通性に優れる万能型の突撃銃として登場し、一撃の威力が高い点や、連射性能などからも、高ダメージ倍率を誇るゴーストリコン最強武器の1つと言われています。

それというのも、この「SCAR(スカー)」こと「Mk17」、その前身となる「Mk16」は、イラク戦争などで活躍し、現在のアメリカ特殊部隊における次世代標準武器としてテストされていたという背景があります。

実地テストの評価は上々で、人体工学を取り入れた有機的なデザインや、砂漠や荒野における動作性、樹脂性の本体が実現した圧倒的な軽量さと整備のしやすさなどから、「現代最強のアサルトライフル」の1つでもあるわけです。

ゴーストリコンワイルドランズに登場する「Mk17」のモデルそのものである「SCAR(スカー)」には、「SCAR-L」「SCAR-H」と呼ばれる2つのモデルが存在しており、時には近代装備をフルセットした近距離戦でゲリラを制圧する為に、時には観測手を伴う狙撃任務や、拠点防衛のためのスナイパーライフルとしても運用されており、ゴーストリコンワイルドランズ作中でも、武器カスタマイズの選択肢によっては「フルオート連射も可能なスナイパーライフル」として運用することができます。

グレネードアタッチメントを取りつけ、長距離射撃向けの4倍スコープや距離計でカスタムすることにより、長距離からのスナイプ、中距離での制圧射撃、近距離での銃撃戦、ヘリや車両の爆破まで、何でもこなすことの出来る、まさに、ゴーストリコンワイルドランズ最強武器に相応しいアサルトライフルと言うことが出来ます。

AK47 … 世界中の戦局に広まっていったロシアが生んだ「悪魔の銃」 Edit

AK47.jpg

AK47は、ロシア(旧ソ連)の銃器デザイナーであるミハイル・カラシニコフが生み出した「史上最も売れた突撃銃」。

「AK47」や「カラシニコフ」という名前は、頑丈でどんな環境にも適応し、少年兵でも誰でも扱うことの出来る扱いやすさ、大量生産やコピー製造も容易なシンプルさなどから、世界各地の紛争地域で瞬く間に拡散していきました。

ゲームや映画などでもよく見かけることのできる人気の銃でもあり、誰もが一度は目にした事のある銃なのではないでしょうか。

ゴーストリコンワイルドランズ作中では、一発のダメージこそ「Mk17」に劣るものの、アサルトライフルとしては操作性が高く、ダメージ・命中精度・操作性・射程距離のバランスに優れた突撃銃と言うことができます。

西側ヨーロッパ・アメリカの最新武器である「Mk17(SCAR)」とは対照的に、ロシアを象徴する「AK47」は近距離での銃撃戦でこそ真価を発揮するタイプとして、広いフィールドでの撃ちあいでその有効性を感じることが出来ます。

556xi… 傭兵の国・スイスの国民皆兵も愛用する高精度アサルトライフル Edit

sig556.jpg

556xiこと「SIG556」は、スイスで開発された汎用アサルトライフル。

大量生産されているライフルの中では、命中精度に優れるといった特徴を持つ銃で、歴史上、傭兵の国としても知られるスイスでは、懲役を終えた市民に配布され、家庭での管理が許可されており、スイス国内の街中でSIG556を小脇に抱える善良な市民を見かけることもできると言われるほどアットホームなバックストーリーを持つライフルでもあります。

その銃身は、世界的に人気を博してしまった悪魔の銃「AK47」の機構をモデルにさらに単純化した構造を採用しており、大量生産に向くシンプルな機構と、精度の高い信頼性もあいまって、スイス国内で姿を見ることができるほか、世界各地の特殊部隊でも愛用されています。

ゴーストリコンワイルドランズ作中では、全アサルトライフルのなかでも最高の単発ダメージと命中精度を誇っており、「AK47」や「SCAR」といった有名アサルトライフルと比べて、一般的な知名度は低いものの、最強武器に上げられるライフルの1つでもあります。

SR3M … ロシア版「PDW」とも言えるマシンガンに似た小型アサルトライフル Edit

SR3m.jpg

SR3Mは、ロシアで開発された小型アサルトライフル。

隠し持つことができるように小型かつ軽量に設計されており、ロシア国内では、シークレットサービスや法務省といったフォーマルな組織で採用されている小型アサルトライフルの1つ。

同じく90年代に、「PDW」として対テロ・市街戦闘を想定して生み出された特殊弾を用いたサブマシンガンP90などのように、サブマシンガンサイズのコンパクトさでありながら、口径9ミリという比較的大きなサイズの亜音速弾を発射する「アサルト界のサブマシンガン枠」でもあります。

ゴーストリコンワイルドランズ作中でも、アサルトライフル特性でもある「高めのダメージ」と「中射程までをカバーする射程距離」を持ちながら、操作性はサブマシンガン「P90」「Vector」に引けをとらない、という非常に扱いやすいアサルトライフルでもあります。

ゴーストリコンワイルドランズ 最強武器 サブマシンガン編 Edit

P90 …人体工学に基づくデザインの高い操作性と初期マガジン50発の弾幕掃射 Edit

p90.jpg

P90は、アサルトライフル「Mk17(SCAR)」を開発したベルギーのFN社が手がけるサブマシンガン。

「PDW(Personal Defence Weapon:個人防衛火器)」と呼ばれる新しい現代武器の考え方に基づいて設計されており、個人兵装としての取り回しやすさや軽量さを持ちながらも、使用弾薬を専用の口径弾にすることで、火器としての強力さも兼ね備える武器として評価されていました。

冷戦終結後に、対テロ戦争が増加していくと共に、市街地や建物内部での戦闘における需要が高まったことで、特殊部隊用の火器としての位置を確立しています。

イラク戦争でアメリカ軍の次世代標準装備としてテストされ、高い評価を得ているアサルトライフル「Mk17」と同じく、人体工学を応用した有機的なデザインを取り入れており、やや奇抜で斬新なデザインからも映画やゲーム作品でも多く見ることが出来ます。

弾薬マガジンが銃の後部上方に横向けに装填されるという、従来の火器とは大きく異なる装填方式を採用しており、発射後の薬きょうが銃身下部に輩出されることで、射手の転倒を招きやすいという欠点はあるものの、在ペルー日本大使公邸占拠事件において、ペルー軍の突入部隊がこの銃を使用したことをきっかけにブレイク。以来、各地の特殊部隊で採用されており、一説には、P90の宣伝のためにペルー軍に無料提供されたとも言われています。

弾薬の発射時に使用する火薬を、拳銃並みに抑えることで、非常に軽い反動を実現していることが特徴といわれ、拳銃弾を使用していた従来のサブマシンガンとは異なり、5.7x28mm弾という特殊専用弾を採用することによって、ボディアーマーをも貫通する威力と貫通性も持ち合わせています。

ゴーストリコンワイルドランズゲーム内でも、その操作性の高さが評価されているようで、同じく「PDW」に位置づけられる、現代サブマシンガンのパイオニア「MP7」「MPX」などと比較しても、銃弾の掃射性や反応の速さを感じることが出来ます。

実際にゲーム内で射撃をしてみると、近距離戦闘において、高い操作性に加えて、初期状態でマガジン弾薬最大50発という扱いやすさは、他の追随を許さず、ゴーストリコンワイルドランズに登場するサブマシンガンの中でも最強武器と言ってよい性能を持っています。

他のサブマシンガンと比べても、貫通性と発射音低減が高く設定されているため、カバーの向こう側に隠れた敵も密かに一掃することが出来るスグレモノ。カスタマイズによっては中距離での撃ちあいや銃撃戦、制圧射撃にも用いることができ、アサルトの役割も果たすことが出来る万能タイプ。

街中や障害物の多い施設内での潜入・戦闘において、タフで便利な有効性と高い信頼性を発揮してくれます。

MP7 … サブマシンガンのパイオニア、H&K社による素早い精密掃射 Edit

MP7.jpg

MP7は、ベルギーFN社のP90の競合商品として、「PDW(Personal Defence Weapon:個人防衛火器)」のために開発されたサブマシンガン。

かつて、1977年のルフトハンザ航空181便ハイジャック事件にて、「突入後の人質死亡被害ゼロ」という驚くべき有効性を発揮して、それ以降の特殊部隊におけるサブマシンガンの運用を決定付けた名作「MP5」を開発しているヘッケラー&コッホ社の後継銃でもあり、ドイツH&K製品らしい「高精度・精密な射撃」と「片手でも扱うことのできるコンパクトさ」を併せ持つ、現代サブマシンガンの1つ。

アメリカ軍において、メイン兵装となるアサルトライフルの予備兵装(セカンド・ウェポン)として同時携行されることの多いサブマシンガン「MP5」と比較すると、普及率はかなり劣るものの、パイロットや後方部隊の防衛火器としては高く評価もされており、ドイツ国内を中心にヨーロッパ各地の特殊部隊での使用が見られる。(普及率ではP90が多い。)

ゴーストリコンワイルドランズでは、「P90」や「MP5」に匹敵する操作性と命中率を持ち、実際に射撃してみると、銃口の跳ね上がりが非常に少なく、フルオート射撃が可能な全武器中でもトップクラスの安定性を感じ取ることが出来る。扱いなれてくると、フルオート掃射を行いながら精密な射撃を行うことも可能で、近距離の遭遇戦といった反応にも優れた良品。

Vector.45ACP … SFアクション映画でおなじみのクールなエフェクト、全武器最高の操作性と連射速度。 Edit

Vector.jpg

Vector.45は、「クリス ヴェクター」とも呼ばれる、アメリカ軍が試験的に開発している新型サブマシンガン。

本来は、サブマシンガンとしての性能を保ちながら、「拳銃・ピストル」として法申請を行う前提で開発されており、一部ではサブマシンガンなどの機関銃とは異なる「拳銃」として扱われることもある。

「.45ACP弾」を使用するピストル「グロック」などとは、追加パーツによって弾装マガジンに互換性を持たせることもでき、「片手で拳銃のように扱うことが出来る機関銃」として、映画・ゲーム作品でも根強い人気を誇っている。

ゴーストリコンワイルドランズでは、全武器中トップクラスの「高い操作性」と「連射速度」を誇っており、超近距離の遭遇戦などにおいて、一瞬で大量の弾丸の雨を浴びせることが出来る。

ゴーストリコンワイルドランズ 最強武器 スナイパーライフル編 Edit

HTI … ヘリも撃沈の最高威力アンチ・マテリアル・ライフル(対物ライフル) Edit

HTI.jpg

ゴーストリコンワイルドランズでスナイパーライフルに分類されているHTIは、厳密には「スナイパーライフル」というよりは「アンチ・マテリアル・ライフル」と呼ばれる「対物」専用のライフルです。

正式名称は「Hard Target Interdiction(ハード・ターゲット・インターディクション)」とされており、直訳すると「対物目標の阻止」という意味になります。

弾倉が引金よりも後方(人側)にあるブルパップ方式を採用しており、これにより、通常の対物ライフルよりも軽量化されていることが特徴の1つ。

また、最新の対人狙撃銃で多く採用されている、「マルチキャリバー方式(カンタンな作業のみで銃身を交換することが出来る方式)」をとっており、ゴーストリコンワイルドランズのような特殊任務に持ち運ぶアンチ・マテリアル・ライフルとしてピッタリの存在なのかもしれません。

実際の射撃動画などを確認するとわかるように「ガゥゥゥン!」という轟音を発するライフルでもあり、隠密性はあまり高くありません。

ゴーストリコンワイルドランズ作中では、全武器中最高のダーメジを誇っており、スキル「車両破壊」と組み合わせることで、これ数発で戦闘ヘリを仕留めることも可能です。

反面、対人狙撃においては、これほどの威力は必要なく、サプレッサーをつけても周囲の敵を呼び寄せてしまう点など、スナイパーライフルとしてはいささか「過剰ダメージ」といった課題も抱えています。

しかしながら、大量のヘリを相手にするような場面や、事前に車両を潰しておく必要がある際などには大活躍してくれるでしょう。

MSR … 外科手術のような正確性と最高クラスの射程距離 Edit

MSR.jpg

MSRは、ショットガンの名前としても知られるレミントン社が、アメリカ軍の以来によって開発したボルトアクションライフル。

複雑化、多様化が進む現代の戦闘において、1つのプラットフォームで様々な状況にマルチな対応を実現する狙撃銃として設計されています。数分のカンタンな作業のみで、各種銃身と口径の変換が可能なマルチキャリバーを採用しており、有効射程は1500mにおよびます。

アメリカ海兵隊がベトナム戦争から使い続けている旧式スナイパーライフル「M40A1」と比較すると、近代的な改修が施された最新モデルであり、アメリカの陸・海・空軍と海兵隊を統合する軍隊「アメリカ特殊作戦軍(SOCOM)」の次期標準主力スナイパーライフルとして採用されています。

ゴーストリコンワイルドランズ作中で「外科手術のような正確性」と表現されている通り、全武器中で最高の命中精度を誇っており、前述の対物ライフル・HTIと比べて、ダメージこそ劣るものの、貫通性能、連射速度、命中精度の3つでこれを上回り、「対物・対車両向けのHTI」と比較すると「対人狙撃」に向く狙撃銃として最強のスナイパーライフルということができるでしょう。

敵の狙撃においては、1発目のファーストショットを外してしまった場合でも、それほどの間を与えることなく2発目のフォローショットを放つこともでき、その高い精度も相まってスナイプメインのプレーヤー御用達の武器の1つです。

このページを共有:
  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP