トップページ > 巨影都市 攻略wiki > 登場人物・キャラクター

巨影都市 攻略wiki/登場人物・キャラクター

巨影都市 攻略wiki

「巨影都市」の登場人物・キャラクター Edit

三崎ケン Edit

「確かに、自分の目で見なければ信じられないだろうな…」

舞台となる街に住んでいる青年で、この物語の主人公

雨が降るある日の夜、不思議な閃光を見たあと、様々な巨大な影に遭遇することになる。

大切な人と待ち合わせている公園に向かおうとしていたところ、突如現れた巨大な影が街を破壊し始めた。

彼は公園で待っている彼女を助け出すため、巨大な影が蹂躙するほうへと駆け出すのであった。

本作の主人公は、ゲーム開始直後のプレイヤーの選択肢によって、会社員、学生などの立場や初期服装、髪型が変化します。

男性/女性主人公はプレイ開始時に選択することができ、また、氏名も変更することができます。

松原ミハル Edit

「確かに、自分の目で見なければ信じられないだろうな…」

舞台となる街に住んでいる若い女性で、この物語の主人公

不思議な閃光を目撃したことをきっかけに、街を破壊する巨大な影に遭遇することになる。

彼女は巨影の驚異にさらされる街の中で、様々な人と出会う。

助けを求める人、強力の手を差し伸べてくれる人、混乱に乗じて利用してくる人、はては彼女の命を狙う者…!

彼女は巨影によって極限状態となった人々の思惑に渦に巻き込まれながら、生き延びていくことになる。

本作の主人公は、ゲーム開始直後のプレイヤーの選択肢によって、会社員、学生などの立場や初期服装、髪型が変化します。

男性/女性主人公はプレイ開始時に選択することができ、また、氏名も変更することができます。

香野ユキ Edit

巨大な影が現れた時、主人公と公園で待ち合わせていた若い女性。この物語のヒロイン。

主人公と共に、街に現れた巨大な影の驚異の中を生き延びていく。

少し臆病な性格で、巨影によるかつてない異変の中、主人公に大きな信頼を寄せていく。

普段は少しのんびりしていて、誰に対しても優しく気さくで、困っている人を放っておけない性格。

大塚秀靖 Edit

特ダネを狙って巨大な影を取材するWebニュースのライター。

がさつそうで一見して関わると厄介そうな男。

普段はWebニュースに記事を寄稿しており、主にサブカルチャーやゴシップなどを扱う傍ら、企業や政府の不正を暴き、強請るようなこともしている。

非常に金に執着しており、特ダネをとるためなら危険をいとわない。また誰でも利用しようとする。

主人公と巨大な影の出現に何かしらの因果関係があると睨んでいる。

柏木リサ Edit

主に社会問題やサブカルチャーを取材し、ニュースサイトへ記事を投稿しているジャーナリスト。

巨大な影による異変に巻き込まれた中で、主人公らと出会う。

頭脳明晰で行動は。気配りができ、周囲にも優しい大人の女性。

折に触れ主人公たちの危機を救ってくれる。

Webライターの大塚とは知り合いだが、彼の金に汚く、自己中心的な点をひどく軽蔑している。

柴田亮二 Edit

主人公の命を狙うスーツの男。

一見するとサラリーマンのような風貌だが、その眼光は裏社会で様々な修羅場をかいくぐってきたすごみを帯びている。常に冷酷・冷徹な男。

主人公は彼らが裏取引をしている現場を目撃してしまい、命を狙われることになる。

武藤克宏 Edit

主人公の命を狙うスーツの男。柴田の部下。

元ボクサーで、ケンカっぱやく粗暴。頭を使うことは苦手。

身体能力に優れ、柴田のもとで裏の仕事を行っている。場合によっては暗殺も行う。

無党派柴田と共に、執拗に主人公の命を狙う。何をしでかすかわからない恐ろしい男。

山村美穂 Edit

ヒロインである「香野ユキ」を姉と勘違いしている幼い少女。

迷子になっているところにであったヒロインを姉と思い込んで接してくる。

主人公トユキは彼女を親の元へ届けようとするが、その道中で美穂は主人公におぶられながら様々な窮地を潜り抜けることになる。

山村伸治 Edit

美穂の父親。数日前にあった交通事故によって重傷を負い、入院している。

姉が大好きだった幼い妹の美穂を不憫に思っているが、入院生活でままならない日々を送っている。

美穂によって入院している病院に連れて来られたユキと出会うことになる。

藤原徹 Edit

柴田・武藤が恐れをなす謎の男。

強面で体格に優れ、威風堂々として身体能力も高く、これまで様々な修羅場をくぐってきた経験を持つ。

柴田と武藤との二人を前にしても全く臆することがない。

藤原は、柴田と武藤とは顔見知りのようだが、彼の素性や目的は謎に包まれている。

深沢ひとみ Edit

主人公が、観測船「しばざくら」で出会う海洋生物研究チームのリーダー。

海外で海洋生物の研究を行い、20代の若さで大学教授になった才媛。

帰国してから勤めていた大学では、その若さ故に周囲から軽く扱われることに不満を持っており、実力で見返してやろうと躍起になって仕事に打ち込んでいる。

観測船のソナーに巨大な生物らしき影が映り、その正体を確認したいと焦っている。

片桐光雄 Edit

主人公が訪れることになる観測船「しばざくら」の船長。

実直で船乗りとしても経験豊か。本来なら半年前に定年を迎えて退職しているはずだったが、その人柄と経験を見込まれ、「しばざくら」の船長を務めている。

この航海の後に、引退する予定。

観測船「しばざくら」は、海洋生物の調査のために運航していた。

小田哲哉 Edit

観測船「しばざくら」の若き副船長。

やさしく気配りができ、気さくでまじめ。

観測船内の巡回や、施設管理の責任者。

老練な片桐船長を尊敬している。

海洋生物の研究者として船に乗っている深沢博士に恋をしている。

沢田美月 Edit

宇宙から飛来する高エナルギー放射線(宇宙線)を研究する国際的に権威のある施設「国立宇宙線研究所」で若くして主任研究員を務める優秀な研究者。

研究所が突如謎の宇宙人の襲来に遭い、貯蔵室に隠れている。

佐々木晴臣 Edit

宇宙線を研究する「国立宇宙線研究所」の副所長。

仁徳があり、研究所員たちから慕われている。

巨大な影の異変のさなか、数日前から空に発生している紫色の閃光を解析しようと研究所に残っている。

浅野耕介 Edit

零細IT企業「ヒヤシンスソフト」の社長。

前職をリストラされた後に、アルバイトとして入った会社であったが、経営不振から前社長が逃げてしまい、やむを得ず代表を務めている。

巨大な影による異変のなか、会社に残って仕事を続けている。

しかし、締め切り日であるにもかかわらず、足をケガしてしまい、納品に行けなくて困っている。

加賀五郎 Edit

宮都市内にあるゴーゴーカレーもくれん通りスタジアム店の店主。

豪快で優しい性格。

巨大な影が出現するなかでも営業を続け、異変に戸惑っている客らをかくまっている。

このページを共有:
  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP