2017年2月7日

ズラタン様がマンUで15ゴール!衰えない35歳プレミア最年長ゴール記録:海外の反応

英・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスウェーデン代表フォワード、「王様」「イブラカタブラ」ことズラタン・イブラヒモビッチ選手が、となる35歳125日で、シーズン15ゴールで、プレミアリーグ最年長ゴール記録を決めました。

スウェーデン、オランダ、イタリア、スペイン、フランスと、その傍若無人な振る舞いと暴君の名にふさわしい暴れっぷりで各国リーグでゴールの嵐を巻き起こす天才・イブラヒモビッチ

プレミアリーグ移籍後も、その輝きは色あせることがありません。

ズラタン様はマンチェスター・Uへと移籍後も35歳で最年長ゴール記録

2017年現在で35歳を迎えるズラタン様は、昨年夏にパリ・サンジェルマンからマンチェスター・Uへと移籍。

移籍当初には、若手の競争力が激しく、またスピードサッカー主体のプレミアリーグのなかでどれだけの活躍を見せることができるか疑問視する声もありましたが、合流から数ヶ月で15ゴールと見事なフィットを見せています。

5日に行われたプレミアリーグ第24節・レスター・シティ戦で、今シーズンの15点目となるゴールを叩き込んでいます。

ズラタン・イブラヒモビッチ・スペインリーグでの苦難

スペイン・リーガエスパニョーラのバルセロナに移籍した当時は、その強烈な個性と暴君たる振る舞いからチーム戦術にフィットすることができず、試合中の90分間、手持ち無沙汰の所在無くピッチをうろつく姿が報じられました。

当時のバルセロナ監督であるグアルディオラとの不仲説を公然の事実として語る暴君の姿は記憶に新しく、いかに天才、いかにトップチームといえど、チーム戦術へのフィットなしに活躍することができないことを表しています。

「あるひとりの男が、俺がバルサに残ることを強く拒んだ。その男とは、他ならぬ監督グアルディオラだよ。」

「昨シーズンの終盤、今年の春のことなんだが、もはや必要とされていないと知った俺は、すぐに代理人のミーノ(・ライオラ)と話をしたんだ。『どこか俺に興味を持つクラブはないのか』と。」

「するとミーノは『可能性があるのはミランだ』と答えた。もちろん『解決すべき問題は少なくない』とも付け加えていたが、まぁそれを何とかするのがヤツの仕事だしな(笑)。なので俺からは『とにかく頼むぜ』と。そして、『あの赤と黒のユニフォームを俺が手に出来るように、是が非でも話をまとめてくれ』と伝えたんだ。」

(引用・出典:Number Web版 – ズラタン・イブラヒモビッチ インタビュー記事より抜粋)

当時のバルセロナでは、若手選手と下部組織からの生え抜きがひしめき合うなかで、スペイントップ選手が織り成すパス主体のポゼッションサッカーに、傍若無人な暴君のごときプレースタイルを持つイブラヒモビッチが馴染めなかったことが指摘されています。

ズラタン様」のあだ名に恥じず、ピッチ内外でのチーム批判と溝は深まり、ついにはイタリア・ACミランへの移籍が決定してしまいます。

こうした過去を振り返ると、35歳の「円熟」の域に達したズラタン様が、初挑戦のプレミアリーグで活躍しているということは、かの暴君も年齢を重ねることで少しは丸く成熟したのかもしれません。

暴君ズラタン・イブラヒモビッチの名言 最新版

(訳:世界が知る時が来た。次の移籍先はマンチェスター・ユナイテッドだ。)

(訳:自分にとってこれは前に進むということだ。新たな旅が今、始まる。)

(訳:明日、パリ・サンジェルマンでの最後の試合になる。俺様は王のように凱旋し、伝説として去るんだ。)

(訳:これで終わりだと思うだろ?いいや、まだウォーミングアップしかしてない。)

(引用・出典:Twieetr スラタン・イブラヒモビッチ公式Twitterより翻訳 – https://twitter.com/Ibra_official)

海外の反応

「彼こそまさに伝説だ。」

「ロナウドやメッシがいなければ間違いなくバロンドール」

「ズラタン・イブラヒモビッチ!!! こいつこそサッカー界の悪役にふさわしい!」

「マンチェスター・ユナイテッドは彼をタダ同然で捕まえた!伝説が無料だ!なんてラッキーなクラブだよ」

「ズラタン様がマンUのためにプレイしてるんじゃない、マンUがズラタン様のためにプレイしてるんだぜ」

「ズラタン様がスウェーデン人なんじゃない、スウェーデン人がズラタン様なんだぜ」

「この洗練された男がバロンドールを勝ち取っていないことが屈辱だよ」

「こんなに横柄な態度なのに世界最高のプレイヤーであり続けるんだ。僕は何もいえないよ」

(引用・出典:Youtube コメント欄より翻訳 – https://www.youtube.com)

関連記事

 人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA