様々な新しいビジネスアイディアの発見方法をご紹介

世界にはさまざまなユニークなビジネスがあります。最初はそんなことがビジネスになるのか?と周りから言われることであっても、今ではだれもが知るようなビジネスになることもあるのです。

・ビジネスアイディアを発見するために

ビジネスにつなげるためには、需要があることが大切です。そのため「こんなサービスがあればいいのに」といった需要を把握することが大切なのです。かといって突然このようなアイディアが湧くわけではなく、普段の生活での何気ない会話などからふと思いつくことがあります。

そのまま流してしまうのではなく、人々が求めていることに対して常にアンテナをはり、実際にその悩みを解決できるかどうか色々調べることが大切です。

・すでにあるアイディアを調べる

すでにあるアイディアのきっかけやサービスができたきっかけなど、詳しく調べることにより他のアイディアを思いつくこともあるでしょう。例えば自宅でレストランのメニューを食べることができるウ―バーイーツは、現在では世界中で人気です。

日本には2016年にサービスが開始されたのですが、普段デリバリーができない店のメニューもオーダーでき、必要なタイミングに頼むことができることから大きなビジネスになっています。

このように既に存在するアイディアからきっかけをつかむこともあるでしょう。

・自分の得意分野を活かす

趣味でも特技でも知識でも、自分の得意な事の方がビジネスとして成功しやすいです。中でも他にあまり得意にしている人が少ない分野の方がビジネスにつながるチャンスがあります。例えば料理が得意といっても、ただ飲食店を開業するだけでは競争が激しく資金が必要になります。

・時代にあった仕事

現在では少子化や高齢化が進んでいます。そのためこれらを解消するような、またお手伝いができるようなビジネスを考えることもアイディアを生むきっかけになるでしょう。例えば年配の方の生活のお世話など、特に今の時代だからこそ必要なビジネスがあります。

・これまでの経験を活かす

例えば今営業職に就いている方は、人脈や顧客を持っている方が多いでしょう。これらの人脈を使って、新しいビジネスにつながる可能性があります。また顧客から「今どんな事を望んでいるのか、どんなことで困っているか」などさまざまな声を聞くこともできるでしょう。

新しいビジネスが生まれる時は、「えっそんな仕事必要?」と思われることもあります。しかし行きあたりばったりではなく、需要をしっかりと調べて始めたビジネスは成功につながることもあります。

子供のSTEM教育の未来

STEM(ステム)教育とは アメリカで、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Math)の人材が不足していることから、その発展に貢献できる人材を育てるために作られた新しい教育分野です。頭文字を取ってSTEM教育と呼ばれます。 重要性と目的 AIの進歩が著しいこの時代、自発的に学び、クリエイティブな表現の出来る人材であることが世界中どこでも求められます。このSTEM教育の目的は単に理系人材を生み出すのではなく、自発的に課題を見つけ、創意工夫して解決する力を身に着けるというものです。 海外との比較 [...]
ビジネスアイディア

世界で最も裕福な人々

ビル・ゲイツは世界で最も裕福な男性の一人ですが、彼は「世界で最も裕福な男性ではない」のです。 米国のビジネスニュースや金融情報を扱う大手出版社であるForbesは、2012年3月10日、毎年恒例の「世界のビリオネア」リストを発表しました。1位はカルロス・スリム・ヘルで、純資産は720億ドルにのぼります。第2位はウォーレン・バフェットで、純資産額は582億ドルと報告されています。マイクロソフト社の創業者であるビル・ゲイツ氏は、現在530億ドルで第3位とされていますが、過去20年間のうち15年間は1位であり、時にはカルロス・スリム氏やウォーレン・バフェット氏を超えることもありました。カルロス・スリム・ヘルは、メキシコのビジネス界の大物であり、投資家であり、慈善家でもあります。彼の富は、グルーポ・カルソを通じて、かなりの数のメキシコ企業を所有していることに由来します。77歳の彼の純資産は740億ドルと推定されています。2010年には、ビル・ゲイツを抜いて「世界で最も裕福な男」となりました。3位はウォーレン・バフェット氏で470億ドルでした。 ビル・ゲイツは、1975年にポール・アレンと共同でマイクロソフト社を設立。会長兼チーフ・ソフトウェア・アーキテクトとして、OS「MS-DOS」やOS「Microsoft Windows」などの有名製品を世に送り出した。ゲイツは、1993年以降、製品開発のリーダーシップをとるために、後ろに控えていた。2012年の時点で、彼の純資産は530億ドルと推定されています。ゲイツ氏は、ケニアとインドで活動を開始したビル&メリンダ・ゲイツ財団を設立し、5年間(1999年~2003年)で280億ドルを大幅に超える寄付を行っていました。ゲイツ氏は、2006年にマイクロソフト社のチーフ・ソフトウェア・アーキテクトを退任し、ジェフ・ライクス氏に日常業務を引き継いだ後、2008年にマイクロソフト社でのフルタイムの仕事を辞め、「財団」の活動に時間を費やし、ブログなど他の機会を追求しています。 現在、彼は全ビットコイン通貨の1%以上を所有しており、moneysavingexpert.comにシードマネーを提供しています。Naukriと99acresをバックアップするインドのインターネットビジネス、Infoedgeの子会社を設立しました。彼の慈善財団であるビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、世界最大級の民間財団であり、これまでに280億ドル以上を多数の世界的な慈善団体や研究プロジェクトに寄付しています。 ウォーレン・バフェット(1930年8月30日生まれ)は、アメリカのビジネス界の大物、投資家、慈善家です。世界で最も偉大な投資家の一人として広く認知されており、フォーブス誌では2008年に最も裕福な人、2011年には3番目に裕福な人にランクインしています。2012年、ウォーレンはCharity: waterに10億ドルを寄付しました。Charity: waterはこの寄付金を発展途上国のきれいな水のプロジェクトに使用します。2013年7月6日には、マイケル・ブルームバーグやイーライ・ブロードなど40人の富裕層で構成されるThe Giving Pledgeに30億ドルの寄付を行いました。この寄付は、アメリカの私立学校であるPhillips […]

ビジネスアイディア

ビジネスアイデアのリスト

そして、強力な現金流出の導入を持っているどんなビジネンケースでも利用可能であり、あなたのアイデアが他者とは異なる場合には、それを特長として捉えます。 リストにはブランド・チェーンの候補やチャネル・プラットフォーム・チェーンの候補が含まれています。ビジネスを行うには、多くの計画と努力が必要ですが、非常にやりがいのある仕事でもあります。そのためには、ビジネスのアイデアをリストアップするのが効果的です。気に入ったアイデアがあったら、インターネットで詳しく調べたり、同じ地域でビジネスをしている人に話を聞いたりしてみましょう。起業する前には、備品や場所など、すべてが揃っていることが重要です。ぜひ、今日からブレインストーミングを始めてみてください。 X社]で[期間]以上働いた後、彼は[職種]について学ぶべきことはすべて学んだと判断しました。彼は何ヶ月もかけて、起業を成功させるために必要なあらゆるものをリストアップしました。自分のリストが完成したと思ったら、彼は可能なビジネス・アイデアを探し始めた。最終的に、彼は[type of business]を始めることにした。 Y社]で[期間]以上働いた後、彼女は[職種]について学ぶべきことはすべて学んだと判断した。彼女は何ヶ月もかけて、ビジネスを成功させるために必要なことをすべてリストアップしました。リストが完成したところで、彼女はビジネスのアイデアを探し始めました。ネットで調べたり、地元ですでにビジネスをしている人たちと話したりした結果、ひとつのアイデアが目に留まりました。 難しいかもしれませんが、新しいビジネスアイデアの候補をすべてリストアップすることはエキサイティングなことです。これはビジネスアイデアのリストを作るために座ると、一般的にはブレインストーミングのようになります。以下のヒントを参考に、始めてみてください。 リストには、さまざまなビジネス・アイデアの候補が含まれていることを確認してください。そうすることで、あらゆる選択肢を検討することができ、1つのアイデアに集中しすぎて行き詰まるのを防ぐことができます。 ある業界について、最近のトレンドやどんなビジネスが適しているのかなど、これまでに知っていることをすべて書き出してみましょう。リストを作成する際には、Googleトレンドなどの調査サイトを利用して、どの分野が今、新規ビジネスのホットスポットになりそうかを把握しておきましょう。例えば、「宅配」という検索ワードが今のトレンドであれば宅配便の分野に興味がある人は、未知なる可能性を持っています。 他の人々がどんなビジネスを始めたのか、試してみたことを調べてみましょう。インターネットで調べれば、多くの起業家の経歴に関する情報を見ることができます。これにより、その人が達成した理由、失敗した理由などを知ることができます。 […]

ビジネスアイディア

ビジネスアイディア説明9:観光者向けにレンタルハウスやアパートを探すお手伝い

日本に観光に来る外国人の中には、数週間から数か月といった長めの期間滞在する人もいます。ホテル住まいではコスト面で高くなり、さらにより日本の生活をしたいといった方はレンタルハウスやアパートを探す人もいます。 そこでそのような外国人のお手伝いをするビジネスがあります。 ・定義 特に日本語を話せない外国人にとって、レンタルハウスやアパートを探すのは一苦労です。特に観光で来ている人達にとって、住まいを探すのに時間はあまりかけたくありません。また多くの不動産が英語などの外国語を話すことができないでしょう。そこで観光客向けにレンタルハウスやアパ―トを探す手伝いをします。 ・特徴 外国人に対して日本での暮らしをサポートしているサービスを行っている企業は多くあります。外国人専門に賃貸住宅保証事業を行っている会社もあります。外国人が賃貸物件をかりにくい理由は、言葉が通じない、日本の文化を知らないため隣人とトラブル二なりやすいといったことがあげられます。 そのために、レンタルハウスやアパートを探す手伝いをするだけでなく、日本で暮らすための最小限のマナーを前もって外国人に伝えるサービスを行っている企業もあります。このような企業は部屋を借りたい外国人にトラブルがあった時は責任を持つから、外国人に部屋を貸して欲しいといったはたらきかけをオーナーにします。 ・始め方 上記のように、日本でアパートやレンタルハウスを探すお手伝いをしている企業は多くあるため、これらの企業に就職するのが一番の近道です。 ・稼ぎやすさ […]