様々な新しいビジネスアイディアの発見方法をご紹介

世界にはさまざまなユニークなビジネスがあります。最初はそんなことがビジネスになるのか?と周りから言われることであっても、今ではだれもが知るようなビジネスになることもあるのです。

・ビジネスアイディアを発見するために

ビジネスにつなげるためには、需要があることが大切です。そのため「こんなサービスがあればいいのに」といった需要を把握することが大切なのです。かといって突然このようなアイディアが湧くわけではなく、普段の生活での何気ない会話などからふと思いつくことがあります。

そのまま流してしまうのではなく、人々が求めていることに対して常にアンテナをはり、実際にその悩みを解決できるかどうか色々調べることが大切です。

・すでにあるアイディアを調べる

すでにあるアイディアのきっかけやサービスができたきっかけなど、詳しく調べることにより他のアイディアを思いつくこともあるでしょう。例えば自宅でレストランのメニューを食べることができるウ―バーイーツは、現在では世界中で人気です。

日本には2016年にサービスが開始されたのですが、普段デリバリーができない店のメニューもオーダーでき、必要なタイミングに頼むことができることから大きなビジネスになっています。

このように既に存在するアイディアからきっかけをつかむこともあるでしょう。

・自分の得意分野を活かす

趣味でも特技でも知識でも、自分の得意な事の方がビジネスとして成功しやすいです。中でも他にあまり得意にしている人が少ない分野の方がビジネスにつながるチャンスがあります。例えば料理が得意といっても、ただ飲食店を開業するだけでは競争が激しく資金が必要になります。

・時代にあった仕事

現在では少子化や高齢化が進んでいます。そのためこれらを解消するような、またお手伝いができるようなビジネスを考えることもアイディアを生むきっかけになるでしょう。例えば年配の方の生活のお世話など、特に今の時代だからこそ必要なビジネスがあります。

・これまでの経験を活かす

例えば今営業職に就いている方は、人脈や顧客を持っている方が多いでしょう。これらの人脈を使って、新しいビジネスにつながる可能性があります。また顧客から「今どんな事を望んでいるのか、どんなことで困っているか」などさまざまな声を聞くこともできるでしょう。

新しいビジネスが生まれる時は、「えっそんな仕事必要?」と思われることもあります。しかし行きあたりばったりではなく、需要をしっかりと調べて始めたビジネスは成功につながることもあります。

子供のSTEM教育の未来

STEM(ステム)教育とは アメリカで、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Math)の人材が不足していることから、その発展に貢献できる人材を育てるために作られた新しい教育分野です。頭文字を取ってSTEM教育と呼ばれます。 重要性と目的 AIの進歩が著しいこの時代、自発的に学び、クリエイティブな表現の出来る人材であることが世界中どこでも求められます。このSTEM教育の目的は単に理系人材を生み出すのではなく、自発的に課題を見つけ、創意工夫して解決する力を身に着けるというものです。 海外との比較 [...]
ビジネスアイディア

ビジネスアイディア説明7:SNSでのインフルエンサーになる

TwitterやInstagramなどのSNSが発達し、中学生以上でやっていない人の方が少ないくらいに普及をしています。企業や店舗なども独自のSNSを持ち、ホームページやブログとまた違った情報を提供しています。 ・定義 インフルエンサーとは、世間に与える影響力が高い人のことをいいます。このようなインフルエンサーはマーケティングでも重要な人物として高評価を得ています。有名人や著名人はもちろんのことながら、一般人でも大きな影響を及ぼす人は多くなっています。ユーチューバ―の大きな収入源はこの、企業からのインフルエンサーとしての依頼となっています。 ・特徴 TwitterやInstagramを始めとしたSNSサービスは、全世界に展開していることが多く全世界に向けて広告をできることが大きな特徴です。またそれぞれのSNSのサービスにより年齢層が異なり、広告をしたい商品によって使い分けることができるのです。 中でも月間アクティブユーザーが10億人といわれるInstagramはインスタグラマーとよばれるインフルエンサーが大勢おり、各業者で大きな影響を及ぼしています。例えば有名芸能人が着た服が翌日完売になることもあるほど、大きな影響力があるのです。 他にも企業人がよく使うフェイスブックやユーチューブでも人気の人であれば、大きな影響がります。 ・始め方 TwitterやInstagramなどは簡単に始めることができます。登録をするためには、数分で完了をします。それぞれのSNSのフォロワー数が増えてくると、企業がインフルエンサーに対して広告依頼をしてくることがあります。 ・稼ぎやすさ […]

ビジネスアイディア

2021年、ネットビジネスで成功するには

日進月歩のIT技術の進化とともに成長を続けるネットビジネス(※ネット上で行うビジネス全般を指す)の世界は、もともと「恒久的な成長分野」ともいえる分野でしたが、2020年に突如世界を襲った新型コロナウイルスの感染拡大により多くのネットビジネスがさらに後押しされ、飛躍的な成長を遂げました。それと同時にリモートワーク等の浸透など働き方も大きく変化し、ネットビジネスの基盤がますます整った一面もあります。インターネット環境さえあれば始められるネットビジネスは内容も多岐に渡り、上記のように社会基盤が整ってきたことにより、更に広がりを見せて行くことでしょう。 本記事では、昨年に起こった大きな社会的変化も踏まえた上で、2021年以降にネットビジネスで成功するのに大事なポイントを検討してみます。 ネットビジネスモデル例 一言でネットビジネスといっても、内容は多岐に渡ります。商品・サービス分類を大きくわけると以下の三つのカテゴリになります: 1.商品販売(仕入れたもの、自作品等) 2.サービスを提供する(各種コンサル、翻訳、ウェブデザイン、レッスン等) 3.コンテンツ配信・販売(Youtube、アプリ、音楽配信等) ネットビジネス成功の鍵 1.初期費用や毎月の固定費をかけないこと 初期費用や毎月の固定費(店舗家賃等)を抑えられるのは、ネットビジネスの最大のメリットの一つといえるでしょう。ネットビジネスは、基本的にパソコンとインターネット環境があれば収益化が可能です。とはいえ見栄を張って、ちょっと背伸びしたお洒落なオフィスなどを借りる人もいます。これでは本末転倒です。最初はとくに、コスト削減を常にこころがけましょう。 […]

ビジネスアイディア

子供のSTEM教育の未来

STEM(ステム)教育とは アメリカで、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Math)の人材が不足していることから、その発展に貢献できる人材を育てるために作られた新しい教育分野です。頭文字を取ってSTEM教育と呼ばれます。 重要性と目的 AIの進歩が著しいこの時代、自発的に学び、クリエイティブな表現の出来る人材であることが世界中どこでも求められます。このSTEM教育の目的は単に理系人材を生み出すのではなく、自発的に課題を見つけ、創意工夫して解決する力を身に着けるというものです。 海外との比較 アメリカが発祥のSTEM教育ですが、現在では世界中で実施されている教育です。 アメリカではオバマ大統領がそれを本格的にし、現在ではSTEM教育は小学校から始まり、年間に何十億もの予算が投じられています。ベトナム、イギリス、シンガポール、中国、インドなども同じくかなりSTEM教育に需要を見出し、力を入れています。 その一方、日本のSTEM教育は他国に比べ遅れを取っていると言われています。2016年に202年からプログラミング授業の必須化が導入された際には、プログラミング教育が話題になりましたが、STEM教育はプログラミングだけではないのです。 子供用STEMおもちゃ STEM教育は幼児の頃から始めるのが良いとされています。しかし、子供にとっていきなり勉強を教えられるよりは、おもちゃやゲームなどから導入する方が楽しむことが出来るかもしれません。 […]