様々な新しいビジネスアイディアの発見方法をご紹介

世界にはさまざまなユニークなビジネスがあります。最初はそんなことがビジネスになるのか?と周りから言われることであっても、今ではだれもが知るようなビジネスになることもあるのです。

・ビジネスアイディアを発見するために

ビジネスにつなげるためには、需要があることが大切です。そのため「こんなサービスがあればいいのに」といった需要を把握することが大切なのです。かといって突然このようなアイディアが湧くわけではなく、普段の生活での何気ない会話などからふと思いつくことがあります。

そのまま流してしまうのではなく、人々が求めていることに対して常にアンテナをはり、実際にその悩みを解決できるかどうか色々調べることが大切です。

・すでにあるアイディアを調べる

すでにあるアイディアのきっかけやサービスができたきっかけなど、詳しく調べることにより他のアイディアを思いつくこともあるでしょう。例えば自宅でレストランのメニューを食べることができるウ―バーイーツは、現在では世界中で人気です。

日本には2016年にサービスが開始されたのですが、普段デリバリーができない店のメニューもオーダーでき、必要なタイミングに頼むことができることから大きなビジネスになっています。

このように既に存在するアイディアからきっかけをつかむこともあるでしょう。

・自分の得意分野を活かす

趣味でも特技でも知識でも、自分の得意な事の方がビジネスとして成功しやすいです。中でも他にあまり得意にしている人が少ない分野の方がビジネスにつながるチャンスがあります。例えば料理が得意といっても、ただ飲食店を開業するだけでは競争が激しく資金が必要になります。

・時代にあった仕事

現在では少子化や高齢化が進んでいます。そのためこれらを解消するような、またお手伝いができるようなビジネスを考えることもアイディアを生むきっかけになるでしょう。例えば年配の方の生活のお世話など、特に今の時代だからこそ必要なビジネスがあります。

・これまでの経験を活かす

例えば今営業職に就いている方は、人脈や顧客を持っている方が多いでしょう。これらの人脈を使って、新しいビジネスにつながる可能性があります。また顧客から「今どんな事を望んでいるのか、どんなことで困っているか」などさまざまな声を聞くこともできるでしょう。

新しいビジネスが生まれる時は、「えっそんな仕事必要?」と思われることもあります。しかし行きあたりばったりではなく、需要をしっかりと調べて始めたビジネスは成功につながることもあります。

2021年、ネットビジネスで成功するには

日進月歩のIT技術の進化とともに成長を続けるネットビジネス(※ネット上で行うビジネス全般を指す)の世界は、もともと「恒久的な成長分野」ともいえる分野でしたが、2020年に突如世界を襲った新型コロナウイルスの感染拡大により多くのネットビジネスがさらに後押しされ、飛躍的な成長を遂げました。それと同時にリモートワーク等の浸透など働き方も大きく変化し、ネットビジネスの基盤がますます整った一面もあります。インターネット環境さえあれば始められるネットビジネスは内容も多岐に渡り、上記のように社会基盤が整ってきたことにより、更に広がりを見せて行くことでしょう。 本記事では、昨年に起こった大きな社会的変化も踏まえた上で、2021年以降にネットビジネスで成功するのに大事なポイントを検討してみます。 ネットビジネスモデル例 一言でネットビジネスといっても、内容は多岐に渡ります。商品・サービス分類を大きくわけると以下の三つのカテゴリになります: 1.商品販売(仕入れたもの、自作品等)2.サービスを提供する(各種コンサル、翻訳、ウェブデザイン、レッスン等)3.コンテンツ配信・販売(Youtube、アプリ、音楽配信等) [...]
ビジネスアイディア

ビジネスアイディア説明9:観光者向けにレンタルハウスやアパートを探すお手伝い

日本に観光に来る外国人の中には、数週間から数か月といった長めの期間滞在する人もいます。ホテル住まいではコスト面で高くなり、さらにより日本の生活をしたいといった方はレンタルハウスやアパートを探す人もいます。 そこでそのような外国人のお手伝いをするビジネスがあります。 ・定義 特に日本語を話せない外国人にとって、レンタルハウスやアパートを探すのは一苦労です。特に観光で来ている人達にとって、住まいを探すのに時間はあまりかけたくありません。また多くの不動産が英語などの外国語を話すことができないでしょう。そこで観光客向けにレンタルハウスやアパ―トを探す手伝いをします。 ・特徴 外国人に対して日本での暮らしをサポートしているサービスを行っている企業は多くあります。外国人専門に賃貸住宅保証事業を行っている会社もあります。外国人が賃貸物件をかりにくい理由は、言葉が通じない、日本の文化を知らないため隣人とトラブル二なりやすいといったことがあげられます。 そのために、レンタルハウスやアパートを探す手伝いをするだけでなく、日本で暮らすための最小限のマナーを前もって外国人に伝えるサービスを行っている企業もあります。このような企業は部屋を借りたい外国人にトラブルがあった時は責任を持つから、外国人に部屋を貸して欲しいといったはたらきかけをオーナーにします。 ・始め方 上記のように、日本でアパートやレンタルハウスを探すお手伝いをしている企業は多くあるため、これらの企業に就職するのが一番の近道です。 ・稼ぎやすさ […]

ビジネスアイディア

ビジネスアイディア説明5:ペットシッター、散歩代行ビジネス

旅行や入院などで家を長期間あけることになったとき、困るのがペットの世話でしょう。すぐに頼むことができる人がいればいいのですが、特に入院など急な場合はそう簡単にはいきません。そこでペットを預かり、散歩まで代行で行うビジネスがあります。 ・定義 飼い主に代わり、決まった期間ペットを預かり食事から散歩までの面倒を見るサービスです。ペットホテルなどに預けることもできるのですが、ペットホテルではペットが可愛そうとペットシッターに預ける人も多くいます。また仕事が忙しく、散歩だけを代行してもらうユーザーも多くいます。 ・特徴 ペットシッターや、散歩代行ビジネスをするのは必ず資格が必要なわけではありません。ペットシッターや散歩代行ビジネスを提供している企業で勤めることが早道となります。しかし独立する場合は、経験の他に資格が必要となるなど、しなければいけないことがおおくあります。一度独立をしてある程度の顧客をつかむことができると、必ずニーズのある仕事であり、安定した収入が見込まれるでしょう。 ・始め方 ペットシッターになるためには、日本ペットシッター協会が認定するペットシッター士とよばれる資格をとる必要があります。動物の特徴を把握する知識や、コミュニケーション能力など勉強をする範囲は少なくありません。 しかしかならずしもこの資格が必要なわけではありませんが、ペットの飼い主からしたらこの資格を持っているのと持っていないのとでは大きな違いがあります。 ・稼ぎやすさ ペットシッターとして活躍するには、独立開業をする他ペットシッターを派遣する会社に登録する方法があります。先に派遣もしくは正社員としてペットシッターとして働いて、実績を作った後に独立をする場合がほとんどです。 […]

ビジネスアイディア

ビジネスアイディア説明1:日本人向けのオンラインカジノビジネス

実際にマカオやラスベガスへ行かなくても、オンラインで気楽にカジノを楽しむことができる時代になりました。WEB環境があれば誰でも参加できるので、ユーザーは増加しています。 参加人口が増えているオンラインカジノはビジネスチャンスなのでしょうか?詳しくご紹介します。 ・ギャンブルはなくならない 近年のパチンコ人口が減っているのは、ギャンブルをしている人が減っているわけではなくオンラインカジノなど他のものに移っているのです。業界ごと衰退してしまうようであればビジネスとして成り立ちにくいのですが、ギャンブルはその心配が少ないのです。 ・カジノは違法ではないのか オンラインカジノビジネスを始めるにあたり、カジノは違法では?と心配になる方多いのではないでしょうか。実際に日本では刑法185条の賭博罪にあたり、違法です。しかしマカオやラスベガスのあるアメリカ、他にも韓国など条件はありますがカジノが合法と認められている国もあります。 日本でライセンスを取ることはできないのですが、カジノが合法である国でライセンスをとって日本でプレイすることはできます。また現地へ行かなくても、日本語サイトが用意されているサービスもあるため日本でオンラインカジノをビジネスにすることができるのです。 ・日本のカジノは解禁の方向へ 日本では現在カジノは違法です。しかし宝くじや競馬、競輪、パチンコといった現在存在する日本で認められているギャンブルは税収利益にもつながっています。そのためカジノの日本市場が広がる可能性あり、オンラインカジノも合法化されるのではないかといわれています。 ・オンラインカジノの現状 […]