ポーカーの遊びかた

この記事ではカードゲームの定番、「ポーカー」の遊びかたを説明します。今はオンラインカジノもあるので、自宅でもどこからでも、ネット環境さえあればプレイできます。(ポーカー オンライン

[ポーカーの遊びかた]

人数

2~6人

使用カード

ジョーカー以外の52枚

ポーカー・ハンド(役)

以下、強い順

ロイヤルストレートフラッシュ

同種で数字が1番高い順位にそろったもの(10・J・Q・K・A)

ストレート・フラッシュ

同種で数字が順番に並んでいるもの(※…K・A・2…とは続かない)

フォア・カード

同位が4枚

フルハウス

同位が3枚と、同位札が2枚(同じ役同士では3枚組で比較)

フラッシュ

同種が5枚

ストレート

スートの種類に関係なく、5枚数字が続いている。

スリーカード

同位が3枚

ツウ・ペア

同位が2枚x2組。同じ役同士では高い方のペアを比較。それも同じなら低い方のペアを比較。それも同じなら、高い方で♠を持っている人が勝ち。レオベガス

ワン・ペア

同位が2枚。同じ役同士ではペアを比較。それも同じなら、ペアの中で♠を持っている人が勝ち。

ルール

各自1枚ずつ場に出す。

親がよく切ったカードを左周りに1枚ずつ、計5枚ずつになるよう配る。残りはストック。

手札を見て、親の左側から「ビッド」か「パス」を順に宣言。1人がビッドしたら、それ以後はパス不可。最初にビッドする人は、チップの枚数を言って場に出す。

以降コールかレイズかドロップで進める。レイズする人は、チップの枚数を言う。

最高ビッドにレイズがないまま1巡したら、1回目のビッドは終了。

残り3人以上の場合は、親の左側に近い人から手札を交換→ドロー。

より強い役をつくるため、不要なカードを場に伏せて出し、捨てた枚数だけ親からもらう。親は自分で交換→何枚交換したか言う。それぞれ新しい手札を検討。

ストックなくなったら、捨て札を切って使う。

ドローが済むと、2回目のビッド。新手札を検討→1回目の最初にビッドした人から「ビッド」か「チェック」を宣言。この時、1人ビッドをしたら、それ以降はチェック不可。

前回同様コール・レイズ・ドロップと進める。

最高のビッドに対して誰もレイズがないまま1巡したら、このせりは終了。手札を公開し、比べる。最強の役を持った人が勝ち→チップ全部獲得。

他の全プレイヤーがドロップをした場合も同じ。何回か続け、最後にチップが多い人が勝ち。

(参照:任天堂

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*