ビジネスアイディア説明5:ペットシッター、散歩代行ビジネス

旅行や入院などで家を長期間あけることになったとき、困るのがペットの世話でしょう。すぐに頼むことができる人がいればいいのですが、特に入院など急な場合はそう簡単にはいきません。そこでペットを預かり、散歩まで代行で行うビジネスがあります。

・定義

飼い主に代わり、決まった期間ペットを預かり食事から散歩までの面倒を見るサービスです。ペットホテルなどに預けることもできるのですが、ペットホテルではペットが可愛そうとペットシッターに預ける人も多くいます。また仕事が忙しく、散歩だけを代行してもらうユーザーも多くいます。

・特徴

ペットシッターや、散歩代行ビジネスをするのは必ず資格が必要なわけではありません。ペットシッターや散歩代行ビジネスを提供している企業で勤めることが早道となります。しかし独立する場合は、経験の他に資格が必要となるなど、しなければいけないことがおおくあります。一度独立をしてある程度の顧客をつかむことができると、必ずニーズのある仕事であり、安定した収入が見込まれるでしょう。

・始め方

ペットシッターになるためには、日本ペットシッター協会が認定するペットシッター士とよばれる資格をとる必要があります。動物の特徴を把握する知識や、コミュニケーション能力など勉強をする範囲は少なくありません。

しかしかならずしもこの資格が必要なわけではありませんが、ペットの飼い主からしたらこの資格を持っているのと持っていないのとでは大きな違いがあります。

・稼ぎやすさ

ペットシッターとして活躍するには、独立開業をする他ペットシッターを派遣する会社に登録する方法があります。先に派遣もしくは正社員としてペットシッターとして働いて、実績を作った後に独立をする場合がほとんどです。

また独立をする場合は、販売、保管、貸出、訓練、展示といった動物取扱業の申請をする必要があります。この申請をする場合は、実務経験や教育機関を卒業していること、資格を取得していることなどさまざまな条件があり、決して簡単に稼げるわけではありません。

独立をしたあとも、全てを自分で行うため簡単な仕事ではありません。場所の確保も必要となります。しかしいつの時代で会ってもペットを飼わなくなるということはありません。そのため将来的なことを考えれば、実績を積むことが出来れば安定した収入につながる可能性があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*