ビジネスアイディア説明7:SNSでのインフルエンサーになる

TwitterやInstagramなどのSNSが発達し、中学生以上でやっていない人の方が少ないくらいに普及をしています。企業や店舗なども独自のSNSを持ち、ホームページやブログとまた違った情報を提供しています。

・定義

インフルエンサーとは、世間に与える影響力が高い人のことをいいます。このようなインフルエンサーはマーケティングでも重要な人物として高評価を得ています。有名人や著名人はもちろんのことながら、一般人でも大きな影響を及ぼす人は多くなっています。ユーチューバ―の大きな収入源はこの、企業からのインフルエンサーとしての依頼となっています。

・特徴

TwitterやInstagramを始めとしたSNSサービスは、全世界に展開していることが多く全世界に向けて広告をできることが大きな特徴です。またそれぞれのSNSのサービスにより年齢層が異なり、広告をしたい商品によって使い分けることができるのです。

中でも月間アクティブユーザーが10億人といわれるInstagramはインスタグラマーとよばれるインフルエンサーが大勢おり、各業者で大きな影響を及ぼしています。例えば有名芸能人が着た服が翌日完売になることもあるほど、大きな影響力があるのです。

他にも企業人がよく使うフェイスブックやユーチューブでも人気の人であれば、大きな影響がります。

・始め方

TwitterやInstagramなどは簡単に始めることができます。登録をするためには、数分で完了をします。それぞれのSNSのフォロワー数が増えてくると、企業がインフルエンサーに対して広告依頼をしてくることがあります。

・稼ぎやすさ

影響力を及ぼすインフルエンサーになるためには、フォロワー数が大切になります。マイクロインフルエンサーとよばれる1~10万人のフォロワー数が少なくても必要です。著名人が多いのですが、一般人でも多くいるため必ずしも不可能というわけではありません。フォロワー数が1万人を超えると、企業から直接連絡が来ることもあるでしょう。

企業はサービスや商品、ブランドなどを宣伝したいためそれぞれの宣伝したいものとイメージのあったSNSが選ばれがちです。例えば小学生向けの商品を売りたい場合は、小学生に人気のあるユーチューバ―に依頼が多くなります。

誰でもすぐに稼げるわけではないのですが、多く稼ぐチャンスがあるのもインフルエンサーの大きな魅力です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*