ビジネスアイディア説明8:日本観光客の向けに、日本食ツアーを企画

毎年多くの外国人観光客が日本を訪れます。さまざまな目的があるのですが、日本食は世界中でも有名であり、日本食を楽しみにしている観光客は大勢います。そこで日本観光客向けに、日本食ツアーを企画するビジネスがあります。

・定義

日本政府観光局も日本食をテーマにしてインバウンドの一環として外国人の誘致をしています。ぐるなびや旅行者と連携をして、日本食ツアーを組んでいることもあります。和食は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されており、世界中で注目が広まっていることから、今後も大きな需要があると考えられています。

・特徴

それぞれの土地や季節によって、旬な食べ物を提供するツアーが組まれています。同じエリアの場合だけでなく、北海道から沖縄まで大きく移動するツアーもあります。また食事だけだけでなく、酒蔵を周ったり、実際に観光客が料理をすることができる場を設けて入る場合もあります。

中でも日本人と交流をすることにより、日本食を実際に作って食べる体験型の企画が人気であり、それぞれの文化をに触れることもできることからさらに重要が増していくことでしょう。中には一般家庭に招き入れて料理教室を開催するなど、より普段の生活に密着したサービスが多くなっています。

このような家庭料理を教えてくれる団体と、世界中の日本食を学びたい外国人をオンラインでマッチングするためのプラットフォームも多くなっています。英語や他の言語での案内も充実しているため、日本語が話せない外国人にとっても安心して参加することができるのです。

・始め方

個人で始めることは難しく、すでに日本食のツアーを組んでいる旅行者や団体にて勤務することが先決となります。中には会社を立ち上げ活動している団体もいますが、ある程度の企業での実績が必要となります。

・稼ぎやすさ

日本食ツアーを企画している企業や団体などに勤めることになるので、安定した稼ぎにはなるでしょう。日本政府が日本食を通してインバウンド政策をとっているため、仕事がなくなることは少ないといえます。旅行社や観光地、地方の団体などさまざまな団体がインバウンド対策をおこなっているため、稼ぐチャンスは多くあるでしょう。

実際に料理を教える人、外国人に状況を提供する人などさまざまな仕事があるのです。副業として短い時間で仕事をしている人も大勢います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*