ビジネスアイディア説明9:観光者向けにレンタルハウスやアパートを探すお手伝い

日本に観光に来る外国人の中には、数週間から数か月といった長めの期間滞在する人もいます。ホテル住まいではコスト面で高くなり、さらにより日本の生活をしたいといった方はレンタルハウスやアパートを探す人もいます。

そこでそのような外国人のお手伝いをするビジネスがあります。

・定義

特に日本語を話せない外国人にとって、レンタルハウスやアパートを探すのは一苦労です。特に観光で来ている人達にとって、住まいを探すのに時間はあまりかけたくありません。また多くの不動産が英語などの外国語を話すことができないでしょう。そこで観光客向けにレンタルハウスやアパ―トを探す手伝いをします。

・特徴

外国人に対して日本での暮らしをサポートしているサービスを行っている企業は多くあります。外国人専門に賃貸住宅保証事業を行っている会社もあります。外国人が賃貸物件をかりにくい理由は、言葉が通じない、日本の文化を知らないため隣人とトラブル二なりやすいといったことがあげられます。

そのために、レンタルハウスやアパートを探す手伝いをするだけでなく、日本で暮らすための最小限のマナーを前もって外国人に伝えるサービスを行っている企業もあります。このような企業は部屋を借りたい外国人にトラブルがあった時は責任を持つから、外国人に部屋を貸して欲しいといったはたらきかけをオーナーにします。

・始め方

上記のように、日本でアパートやレンタルハウスを探すお手伝いをしている企業は多くあるため、これらの企業に就職するのが一番の近道です。

・稼ぎやすさ

一般企業に勤めることになるので、安定した収入を得ることができます。また外国人をサポートする職は、市や地方でも採用している場合があります。独立をすることもできますが、あくまで経験がない状態では難しいので、まずは経験を積んで実績を作ることが大切です。

日本を訪れる外国人観光客は年々増えています。また2020年は東京オリンピックがあり、日本が世界から注目されるようになるため、インバウンドに力を入れていることからもさらなら観光客の誘致が見込まれるでしょう。

また和食がユネスコ世界遺産に認定されるなど、日本の文化は世界中で認知されており、外国人が物件を見つけることは難しいことからも、観光者向けにレンタルハウスやアパートを探すお手伝いは今後も需要のある仕事だといえます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*