ビジネスアイディア説明1:日本人向けのオンラインカジノビジネス

実際にマカオやラスベガスへ行かなくても、オンラインで気楽にカジノを楽しむことができる時代になりました。WEB環境があれば誰でも参加できるので、ユーザーは増加しています。

参加人口が増えているオンラインカジノはビジネスチャンスなのでしょうか?詳しくご紹介します。

・ギャンブルはなくならない

近年のパチンコ人口が減っているのは、ギャンブルをしている人が減っているわけではなくオンラインカジノなど他のものに移っているのです。業界ごと衰退してしまうようであればビジネスとして成り立ちにくいのですが、ギャンブルはその心配が少ないのです。

・カジノは違法ではないのか

オンラインカジノビジネスを始めるにあたり、カジノは違法では?と心配になる方多いのではないでしょうか。実際に日本では刑法185条の賭博罪にあたり、違法です。しかしマカオやラスベガスのあるアメリカ、他にも韓国など条件はありますがカジノが合法と認められている国もあります。

日本でライセンスを取ることはできないのですが、カジノが合法である国でライセンスをとって日本でプレイすることはできます。また現地へ行かなくても、日本語サイトが用意されているサービスもあるため日本でオンラインカジノをビジネスにすることができるのです。

・日本のカジノは解禁の方向へ

日本では現在カジノは違法です。しかし宝くじや競馬、競輪、パチンコといった現在存在する日本で認められているギャンブルは税収利益にもつながっています。そのためカジノの日本市場が広がる可能性あり、オンラインカジノも合法化されるのではないかといわれています。

・オンラインカジノの現状

現状では日本でオンラインカジノのライセンスをとることはできません。しかし海外で運営しているオンラインカジノの中には、日本語に訳されているサービスもあり出金までわかりやすく日本語で説明されています。また中には日本円を使うことができるサービスもあり、為替の状況に関係なく楽しむことができます。

また日本語を話せるカスタマーサービスがあるサービスもあり、日本人にとってもオンラインカジノを楽しみやすい環境となっています。

現状では日本ではカジノは違法です。しかしオンラインカジノを楽しむことはでき、日本語でのサービスも増えています。また日本においてのカジノが合法化される可能性もあり、オンラインカジノの需要が高まるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*