2017年10月17日

U17日本代表対イングランド戦|英国代表キーマンがクラブ問題により欠場へ…日本のメッシ注目の決勝トーナメント1回戦

「日本のメッシ」こと久保建英選手がスペイン誌が選ぶ「U17ワールドカップ・注目の10人」に選出されるなど、サッカー日本代表と同じく話題を集めているU17ワールドカップ日本代表

10月17日、U17ワールドカップ決勝トーナメントにおいて、U17日本代表の対戦相手となるイングランド代表に所属する「キーマン」、ジェイドン・サンチョ選手が16日にイングランド代表チームを離れ、日本戦で欠場することが明らかとなりました。

先日のFIFAランキングにおいては、世界44位とまだまだ発展途上にある日本のサッカー界において、次世代を担う逸材の集まるU17ワールドカップの行方は見逃せないトピックの1つ。

久保選手をはじめとした次世代を担うU17日本代表と、U17ワールドカップ決勝トーナメント試合日程キックオフ時間、そして本日17日に行われるイングランド戦の行方について探っていきます。

最新記事:

U17日本代表vsイングランド代表戦

サッカーU17日本代表は、本日17日、U17ワールドカップ決勝トーナメントにおいて、U17イングランド代表と対戦します。

FIFA U17ワールドカップインド2017、グループステージでは、グループEを「1勝1分1敗」という2位で通過しているU17日本代表は、決勝トーナメント1回戦でイングランド代表と対峙。

対戦相手となるU17イングランド代表は、これまでにチリ、メキシコ、イラクに勝利して、グループFを首位で突破している強豪中の強豪。

フットボール発祥の地であるイングランドの現地メディア「THE TIME OF INDIA」の特集の中では、スペイン・バルセロナが認めた「日本のメッシ」という若き才能、久保建英選手を「イングランド代表にとって脅威となり得る」と語りながらも「それでも、イングランドにとっての最初のハードルを越えることになるだろう」とされています。

U17日本代表vsイングランド戦キックオフ時間は、本日17日、日本時間23時30分

会場となる「ビベーカーナンダ・ユバ・バラティ・クリランガン」は、U17日本代表がグループE・第3戦でニューカレドニア戦を戦った会場でもあり、「荒れたピッチ状態にも強い」とも言われる久保選手らU17日本代表にとっては、勝手知ったる異国のピッチでの強豪との闘いになります。

イングランド代表の鍵、サンチョ選手が欠場に

U17イングランド代表のサンチョ選手は、日本戦においても狙い通りの攻撃を展開するだろう

イングランド現地メディアにこう語られていた英国紳士イチ推しの注目選手、ジェイドン・サンチョ選手は、クラブとの出場調整の問題から、17日のU17日本代表戦を欠場することが明らかとなっています。

以前から「グループステージ3試合を終えた時点でクラブに合流するために帰国する」と報じられてもいたジェイドン・サンチョ選手。

今シーズンの夏の移籍市場の動きから、イングランドリーグの名門マンチェスター・シティから、ドイツリーグのボルシア・ドルトムントへの移籍が決定していたサンチョ選手は、17歳という若さでありながらも、所属クラブのトップチームでベンチ入りを果たすなど、ドルトムントが期待する注目の若手選手。

U-17イングランド代表であるスティーブ・クーパー監督は、14日に行われたグループステージ第3戦・イラク戦の試合後に「(サンチョ選手は)代表チームに残る。」とコメントしていたものの、16日には「彼はドイツへと帰っていった。クラブとの問題によって、残念ながら日本戦での起用はできない」と、クラブチームとの合流を優先したドイツ帰国が決定したことを明らかにしています。

U17イングランド代表チームにとって、「狙い通りの攻撃を展開するだろう」とまで語られるほど、代表チームの攻撃の要として定着していた若き才能・サンチョ選手。

元より、クラブチームでの起用を優先した代表チームへの帯同であったとされているものの、イングランド代表にとっては大きな痛手となることは間違いありません。

サッカー代表試合でよくある「クラブとの問題による帰国」

サッカーのナショナルチームにおいて、イングランド代表・サンチョ選手に見られるような「クラブとの問題による途中帰国」はよくあるアクシデントの1つとして語ることができます。

ヨーロッパ各国の強豪リーグを中心として回っているサッカー界においては、「クラブチームでの活躍」こそが「サッカー選手としてのキャリア」でもあり、「ナショナルチームでの出場」は、ある意味で「選手キャリアそのものとは異なる1つの名誉」といった扱いを受けることがあり、国際代表での試合に出場するか、クラブチームでの試合を優先するか、といった問題は、常に、代表監督、クラブチーム、そして稀有な才能を持つサッカー選手たちを悩ませ続けてきました。

ナショナルチームに選出されるほとんどの選手は、ヨーロッパ各国リーグのクラブチームが保有する「大事な商品」であり、「貴重なプレーヤー」でもあります。

古くは、元・オランダ代表の名ミッドフィルダー、クラレンス・セードルフが、代表への選出を拒否して「褒められることに興味は無い」とコメントしたエプソードなどもあり、貴重な戦力であるクラブチームの選手を、代表選手として出し渋るクラブチームも珍しくはありません。

今回のサンチョ選手のような「クラブチーム側の意向による途中帰国」は、ヨーロッパサッカー界においては「よくあること」の1つではありますが、U17ワールドカップ決勝トーナメントを戦う日本代表にとっては、「嬉しいアクシデント」となるかもしれません。

久保建英の存在感の一方で、依然イングランド有利か?


(動画出典・引用:Youtube FIFA.tv公式チャンネルより – https://goo.gl/XzT5yL)

現地メディア「THE TIME OF INDIA」が報じたところによると、「タイトルを争うもの同士の対戦」と題した特集のなかで、「イングランドが、日本という”最初のハードル”を越えることになるだろう」と予想されています。

U17イングランド代表は、グループステージでの試合において、フランス代表に次ぐ「大会2位となる11得点」を挙げていることに触れ、「サンチョやエンジェル・ゴメス、フォデンらを有する攻撃陣は狙い通りの仕事をする。決勝トーナメントでも、必ずや対戦相手を大きな脅威になる」と語られています。

今回16日の前日記者会見でのイングランド代表監督コメントによって、イングランド代表の攻撃の要として高く評価されたサンチョ選手の欠場が明らかとなっているものの、エンジェル・ゴメス、フォデンといった豊富な選手層による高い得点力は、イングランド代表にとっての大きな武器の1つ。

同メディアでは、「”日本のメッシ”と言われるタケフサ・クボは、屈強なイングランドの守備陣に対しても頑強に抗うだろう」と予想しており、久保健英選手を、U17日本代表チームの要注意人物として挙げる一方で、「レンガ塀のような強さと高さを持つトッテナムのティモシー・イヨマを中心とした身体的に優れた守備陣は、ケイト・ナカムラ、タケフサ・クボ、タイセイ・ミヤシロという日本の攻撃トリオの壁となるはずだ」とも語っており、伝統的に長身の選手が多く、体格に恵まれたイングランド守備陣の優位は変わらないだろう、と結論付けています。

本日23時30分キックオフとなるU17日本代表対イングランド戦、果たして、勝負の軍配はどちらに上がるのでしょうか?

U17ワールドカップ決勝トーナメントの試合日程とキックオフ予定

試合日程 対戦カード キックオフ時間(日本時間)
10月16日 コロンビア vs ドイツ 20時30分
パラグアイ vs アメリカ 23時30分
試合日程 対戦カード キックオフ時間(日本時間)
10月17日 イラン vs メキシコ 20時30分
フランス vs スペイン 20時30分
イングランド vs 日本 23時30分
マリ vs イラク 23時30分
試合日程 対戦カード キックオフ時間(日本時間)
10月18日 ガーナ vs ニジェール 20時30分
ブラジル vs ホンジュラス 23時30分

U17日本代表メンバーの顔ぶれ…次世代を担う若き日本代表たち

スタッフ 氏名 所属
監 督 森山 佳郎 (公財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ
コーチ 斉藤 俊秀 (公財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ
GKコーチ 高桑大二朗 (公財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ
コンディショニングコーチ 中馬健太郎 (公財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/ジュビロ磐田
ポジション 背番号 氏名 所属 年齢
GK 21 梅田 透吾 清水エスパルスユース 17
GK 1 谷  晃生 ガンバ大阪ユース 16
GK 12 鈴木 彩艶 浦和レッズジュニアユース 15
DF 2 池高 暢希 浦和レッズユース 17
DF 19 監物 拓歩 清水エスパルスユース 17
DF 5 菅原 由勢 名古屋グランパスU-18 17
DF 3 小林 友希 ヴィッセル神戸U-18 17
DF 16 山崎 大地 サンフレッチェ広島ユース 16
DF 15 馬場 晴也 東京ヴェルディユース 15
MF 8 奥野 耕平 ガンバ大阪ユース 17
MF 4 平川  怜 FC東京U-18 17
MF 18 鈴木 冬一 セレッソ大阪U-18 17
MF 20 椿  直起 横浜F・マリノスユース 17
MF 10 福岡 慎平 京都サンガF.C.U-18 17
MF 6 喜田  陽 セレッソ大阪U-18 17
MF 14 上月壮一郎 京都サンガF.C.U-18 16
FW 9 山田 寛人 セレッソ大阪U-18 17
FW 11 宮代 大聖 川崎フロンターレU-18 17
FW 13 中村 敬斗 三菱養和SCユース 17
FW 7 久保 建英 FC東京U-18 16
FW 17 棚橋 尭士 横浜F・マリノスユース 17

Twitterの反応

海外の反応

سوني الكوردي「イングランド代表だけU-30じゃないか!」

Arash Aryan「U17イングランド代表おめでとう、イラクは気を落とさずに、次の試合に勝ってね。」

Hamudi IQ「U17イングランド代表は非常に力強いチームだ。U17ワールドカップの勝者になると思うよ。」

شداوي ميديأ HD「イングランド代表だけU30かU40なんじゃないか?だって僕のおじいちゃんよりもデカいよこいつら。」

Pravèèn 8⃣9⃣「イングランド代表がまるで偉大なチームのように見えるよ。」

chrismacsims「U17イングランド代表はとても良いチームなんだぜ。」

N D「本当に、イングランドがU17ワールドカップを勝ち抜くかもしれないな。」

(引用・出典:Youtubeコメント欄より翻訳 – https://www.youtube.com/)

関連記事

 人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。