トップページ > ゴーストリコン ワイルドランズ攻略wiki > アーティラリー

ゴーストリコン ワイルドランズ攻略wiki/アーティラリー

サポートクラス「アーティラリー」 Edit

ghostwar-artillery.png

時には、敵の執拗な攻撃に圧倒されて、首根っこを掴まれてしまうようなこともある。

そんな状況では、敵の意思を打ち砕くための奇策も必要だ。

アーティラリーはドローンを操作して、あらゆる場所からの砲撃を援助する。

クラス名アーティラリー
クラスタイプサポートクラス
メイン武器のタイプサブマシンガン
所持武器MP5
サブ兵装地雷×2
フラググレネード×2
ピストル

アーティラリーのアビリティ Edit

アーティラリーが操る「迫撃砲ドローン」は、指定したエリアに強力な迫撃砲攻撃を行うことが出来る。

迫撃砲は、アーティラリーがポイントを指定した後、爆撃範囲の警告が表示されたのち、時間差で爆撃が開始される。

アーティラリーのプレースタイル Edit

アーティラリーは火力が低い代わりに、高威力の迫撃砲ドローンを有する。

迫撃砲は敵の排除に最も高い効果を発揮し、不意打ちやあまり動き回らない敵プレーヤーに対して効果的。

同じくドローンを操るスカウトと共に、後方支援クラスとして選択されることの多いアーティラリー。

迫撃砲ドローンは、ドローンが展開されているエリアへの接近を思いとどまらせるプレッシャーにもなり、一時的に位置を悟られてしまうだけの索敵ドローンよりも数段の威圧感がある。

迫撃砲による攻撃は、敵味方にもマップ内から確認しやすく、戦闘状態にあるエリアが認識されやすい。

一度迫撃砲が行われたエリアは、「戦闘状態にあるエリア」として瞬く間に敵味方に知れ渡り、チーム内の前線クラス数名で索敵して掃討をかけたり、逆に、追い討ちにやってきたプレーヤーを爆撃と弾幕の集中砲火で返り討ちにするなどのドラマが起こる。

通常の索敵だけではなく、戦局を大きく動かすこともあるアーティラリーだが、接近戦になるとその弱さを露呈してしまう。

アーティラリーの持つサブマシンガンは、スカウトが持つ「MP7」よりも、幾段か性能が落ちる「MP5」。

「MP5」は、命中精度と操作性のバランスに長けた武器だが、連射性能や貫通力、ダメージなど、激しい銃撃戦や、本格的な前線クラスの猛者と比較すると、いまいち火力に不安があり、迫撃砲ドローンの出現場所を察知したポイントマンなどに各個撃破される場面も多く見られる。

味方スナイパーやタンクなど共に、後方陣地を形成して、防衛ラインを突破されないように敵を爆撃する判断力が求められる。

このページを共有:
  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP