トップページ > ゴーストリコン ワイルドランズ攻略wiki > サポートクラス

ゴーストリコン ワイルドランズ攻略wiki/サポートクラス

ドローン、ドローン、ドローン。新たな戦場技術を駆使した「サポートクラス」 Edit

ドローンという現代の新たな利器を、戦場でフル活用するのがこのサポートクラスの面々。

偵察ドローンで敵プレーヤーの座標を洗い出す「スカウト」。

迫撃砲ドローンで後方陣地を壊滅させ、寝そべる憎きスナイパーを粉々にしてくれる「アーティラリー」。

陽動ドローンで謎の銃撃を演出しつつ、敵チームの位置を追い込み、その隠密性で各個撃破する「ディバージョニスト」。

衛生兵としてメディックドローンでの遠距離蘇生により、チームを強力にバックアップする「メディック」。

アサルトクラスと異なり、正面からの銃撃戦は得意ではない彼らですが、ドローンによるサポート能力のほかに、保持しているサブマシンガンは、接近戦での戦闘力も高く、時にまだこちらに気づかないアサルトの面々を次々と仕留めることも。

スカウトの「MPX」、アーティラリーの「MP5」、ディバージョニストの「M4A1」などは、現実世界でも評価の高い火器であり、近づいたからといって侮って掛かれるものでもありません。

サポートクラスのPERK Edit

 ドローンパイロット  ドローンのバッテリーと信号到達距離が25%増加し、クールダウン時間が30%短縮される 
 クイックハンズ  蘇生時間が30%短縮され、リコンタワーの起動にかかる時間が50%短縮される 
 サーマルゴーグル  サーマルビジョンが使用できる 
 オプションバッグ  アイテムを2個ずつ、弾薬を20%ずつ、それぞれ多く獲得する 

サポートクラスのPERKは、ほぼ「ドローンパイロット」一択でしょう。人によっては「スプリンター」「クイックハンズ」なども選択肢に入る。

マルチクラスから移ってきた「サーマルゴーグル」はドローン時のみにしか使用できませんが、ドローンで索敵しやすくなるメリットがあります。ですが、ドローンを素早く撃墜してしまうプレイヤーも多いため、クールダウン短縮を失うのはやはり痛いです。

「オプションバッグ」は地雷を唯一4つ持てるという利点がありますが、実際に地雷を4つフルに活かすことは滅多に無いので、これもあまり意味がないでしょう。スプリンター強襲へのカウンターか、地雷無双したい特殊な方が使うぐらいか……。

修正 Edit

マルチクラスのPERKとして猛威を奮った「サーマルゴーグル」と、サポートクラスのPERKであった「クイックハンズ」が交換された。また、「サーマルゴーグル」はドローン使用時のみへと変更された。

サポートのクラスボーナス Edit

 ドローンズーム  ドローンの最大ズーム倍率が3倍になる 
 ドローンレンジ  ドローンの有効範囲が15%増加する 
 スタミナ  ダッシュの持続時間が15%延びる 
 ドローンアーマー  ドローンの耐久力が15%向上する 

サポートクラスのボーナスは、4つのうち3つがドローンに関するもの。

マークしにくいスナイパーなどを索敵する際に役立つ「ドローンズーム」、ドローンの有効範囲を広げて「ドローンパイロット」との相乗効果により、開始直後の索敵や砲撃も可能にする「ドローンレンジ」、敵のエンフォーサーやポイントマンにも多い「ドローン撃墜王」にも対抗できる「ドローンアーマー」といった3つ。

特にドローンの有効範囲と耐久度を向上させる「ドローンレンジ」「ドローンアーマー」の2つは、ここぞという場面でメディックドローンを送り出すメディックにとっては必須のボーナス。

また、ダッシュ時間を延長することのできる「スタミナ」は、ポイントマンやタンク、アサシンといったアサルトクラスによる突破から逃れるための切り札になるかもしれません。

このページを共有:
  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP