ポーカーで大儲けした人たち

この記事では、ポーカーで大勝ちして多額の累計トーナメント賞金を手にしている上位3名を紹介します。日本には2020年現在ランドカジノはないため、オンラインカジノ(bestjapanesecasinos.com)の人気が高まっています。オンラインカジノ ボーナスもお得です。

さて、それではポーカーの大勝利者達の紹介です。

1位: フィル・アイビー(累計獲得賞金額:約111億2千万円)

 23歳にしてWorld Series of Pokerで3つのタイトルを獲得したフィル・アイビーは、伝説のポーカープレイヤーです。フィルは「ポーカー界のタイガーウッズ」とも呼ばれています。WSPブレスレット10本、WPTタイトル1本を獲得し、これまでにトーナメント賞金$100ミリオン以上を獲得しています。フィルのプレイスタイルは積極的で、大胆なベットとをすることで知られています。また、プレイ中に独特な目の動きをすることから、「The Owl/フクロウ」などと呼ばれ、親しまれています。

フィルはロンドンのカジノから、「エッジカウント」を使ったと訴えられたこともあります。

2位: アントニオ・エスファンディアーリ(累計獲得賞金額:約25億4千万円)

イラン生まれのアントニオ・エスファンディアーリは、The Magician/ザ・マジシャンという愛称で親しまれています。

アントニオは、ポーカープレイヤーになる前はプロのマジシャンでした。2012年のBig One for One Dropトーナメントでは、ポーカー史上最大の$18.3ミリオンの優勝賞金を獲得しました。また、WPTチャンピオンシップ2回とWSPブレスレットを3回も受賞しており、ポーカーテレビ番組にも出演しています。

3位: エリック・サイデル(累計獲得賞金額:約19億1千万円)

ニューヨーク出身で、現在はラスベガスに居を構えるエリック・サイデル。Sly/スライまたはSeiborg/サイボーグというニックネームがあります。

エリックは8つのWSPブレスレットとWorld Poker Tourタイトルを獲得した後に受けた結果、2010年にPoker Hall of Fame/ポーカーの殿堂入りを果たしています。

1988年のWorld Series of Pokerメインイベントでは、惜しくも2位となりました。しかしこの試合は伝説となり、1998年の映画、「Rounders」にも登場するほどに。1999年に再び、WSOPメインイベントのファイナルテーブルに進み、4位となっています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*